DTM FUN LIFE Written by nobsin

【初心者必見】おすすめDAW5選!【失敗しない選び方、教えます】

RECOMMEND

記事を読んでほしい人
音楽をつくるにはDAWが必要なことは、わかった。でも初心者なので、どれを買えばいいのかわからない・・。自分に合った、使いやすいDAWを知りたいです。

いきなり結論
プロ・アマチュア問わず、現在のDAWの選択肢は以下の5つ。

  • Logic Pro
  • Cubase
  • Studio One
  • FL STUDIO
  • Live

世界で広く愛用されるDAWを、筆者が実際に使ってみました。
厳選した、5つの製品をご紹介します。

筆者について
音楽制作を実務として20年ほど。
バージョンアップの度に、各DAWをチェックしています。

本記事でわかること
・DAWの選びかた
・おすすめの最新DAW
・自分に合ったDAWをサクッと決める方法

それぞれ、詳しく解説していきます。
読み終える頃には、自分の相棒が見つかっているはず。

それでは、さっそく見ていきましょう。

もくじ
1. DAWに関わる、ちょっとした用語を解説
2. DAW選びのポイント
3. 【初心者必見】最新DAWのおすすめはどれ?
 3-1. Logic Pro
 3-2. Cubase
 3-3. Studio One
 3-4. Live
 3-5. FL STUDIO
4. 自分に合うDAWをサクッと決められる方法をご紹介
5. まとめ

DAWに関わる、ちょっとした用語を解説

山積みにされた書籍

DAWをご紹介するのに、ちょっとした用語が出てくるので解説します。
分かる方は、読みとばして下さいね。

DAW

音楽制作をおこなうため、打ち込みをするソフトウェアです。
どのDAWにも共通し、以下のような機能があります。

・録音
・データを打ち込んで音源を鳴らす
・録音した音や打ち込んだ音を再生
・エフェクターで音を加工
・オーディオデータの書き出し

DAWによって多少は機能に差はありますが、上記がDAWの主な役割であり、求められる機能です。これらの機能を使って音楽制作をしたり、効果音や動画を作ったり、と様々な用途で利用されます。

プラグイン

DTMで「プラグイン」は、以下の2つを指します。

  • エフェクター
  • 音源

リバーブで残響を付けたり、イコライザーで質感を調整したり、ディストーションで歪ませたり・・など、エフェクターは音を加工するプラグイン。

プラグインを立ち上げることを「インサートする」という言い方もします。
簡易的な音源やエフェクターはDAWに標準で付属され、求める品質によっては追加購入の必要あり。

音源のことを「インストゥルメント」、音源用に立ち上げるトラックを「インストゥルメントトラック」と呼びます。

オーディオ

ステレオ、またはモノラル音声のこと。
音声のデータを扱うトラックを、オーディオトラックと呼びます。

MIDI

正確には、音源を鳴らすための共通規格のこと。DAW上では打ち込むデータそのものを指し、MIDIデータを打ち込むためのトラックを「MIDIトラック」と呼びます。

初心者が確認すべき、DAW選びのポイント

黒い電子ピアノの上に置かれたヘッドフォン

DAW選定にあたり、以下をおさえておきましょう。

  • DAWのシェア率
  • 自分の制作スタイル
  • 無料版、トライアル版の有無
  • DAWのグレード
  • 日本語対応しているか

順番に解説していきますね。

DAWのシェア率

DAWのシェア率は把握しておきましょう。
理由は、シェア率の大きさで情報収集の難易度が変わるから。

情報収集でググったり、YouTubeで検索するケースは必ずあります。

よくある情報不足
・機能の使い方
・不具合の対処方法
・ノウハウ

シェア率の低いDAWは、情報を集めるのに時間がかかったりします。
シェア率は、情報収集の難易度と反比例することを覚えておきましょう。

各DAWの国内シェア率は、以下のとおり。

国内DAWシェア率

・Logic Pro   27.49%
・Cubase   37.3%
・Studio One   24.42%
・FL STUDIO   8.25%
・Ableton Live   10.27%

2021年 DAWソフト人気ランキングより抜粋

「FL STUDIO」と「Live」は国内では、まずまずの普及率です。
とは言え、基本的な情報を集めるのに問題ないシェア率。(←海外ではシェア高し)

DAWのグレード

同じDAWでも、グレード別に売り分けされています。(松竹梅、のような感じで)
グレードの違いは、以下。

グレードごとに異なる機能
・使えるトラック数
・プラグインの数
・機能制限の有無

プラグインは人によって数が必要か否か分かれる所。
ですが、トラック数に関しては無制限にした方が良いです。

トラック数を気にしながら作るのも、・・味気ないですしね。
DAWによってグレードを分ける基準が異なるので、確認しておきましょう。

自分の制作スタイル

制作スタイルにより、DAWの選び方が大きく分かれます。
複数のジャンルを作るのか、クラブサウンド中心になるのかが一つの基準。

DAW選定のわかれ目
複数のジャンルをつくる
  →「FL STUDIO」「Live」以外
クラブサウンド
  →「FL STUDIO」or「Live」

「FL STUDIO」や「Live」は、フレーズやリズムパターンを貼り付けながら展開を作っていく、ループ系の音楽制作が得意なDAW。

もちろん、普通に他のジャンルも作れますが、DAWの良き個性を活かしきれないということを加味すると、複数のジャンルをつくるなら この2つ以外のDAWを筆者はオススメします。

逆に、EDMやミニマルミュージック、ハウスのようなクラブミュージックを主につくるなら、この2つのDAWで決まりですね。「効率2割増し」は保証できます。

詳しく、後述します。

無料版、トライアル版の有無

無料版、トライアル版を購入前に使ってみることもできます。

無料版とトライアル版の違い
無料版
  →無期限で利用できる
トライアル版
  →期限内のみ利用可

無料版は無期限で利用できるものの、使える機能が限られていて簡易的な利用に制限されます。トライアル版は、利用できる期間は限られるけど、機能に制限なく使えますよ、というもの。

今回ご紹介するDAWに、トライアル版はすべてありますが、無料版は一部ない製品があります。

日本語対応しているか

「FL STUDIO」以外、日本語翻訳されています。

英語版に抵抗がない人と、どうしても無理な人とで分かれる所。
翻訳対応されているか否かも重要なポイントです。

オシャレな感じがして、筆者は英語版も好きですが・・(笑)。
他のDAWも検討する方は、この点も忘れずに確認しましょう。

その他もろもろ

他にも、DAWによって以下の違いがあるのか、心配な方もいるかもです。

・「MacとWindows、両方対応している?」
・「プラグインの数は違う?」
・「プラグインの質は違う?」
・「音質の差はある?」

MacとWindiwsの対応状況
シェア率の高いほとんどのDAWは、両方に対応しています。
ですが、Logic ProはMac版のみ。ご注意ください。

プラグインの数の差
プラグインの数はDAW、グレードによって差があります。

プラグインの質の差
音源の質の差は、それ程はない印象。ですが、DAWによって標準音源の得意分野が違ったりするので、要チェックですね。

エフェクターは、即戦力もの。
とりあえずは、追加購入しなくてもOK。

音質の差
筆者が実際に使ってみて、聴こえが違うDAWはありました。
ただ、音質目的で導入するまでもない差かと。ですので、本記事では特筆しません。

【初心者必見】おすすめDAW5選!【失敗しない選び方、教えます】

厳選した5つのDAWを、順番にご紹介していきますね。

Logic Pro

Logic ProというDAWのメイン画面

おすすめポイント
・音源の数がダントツに豊富
・デザインがシンプルで見やすい
・コストパフォーマンス最強

発売元がAppleというだけあって、デザインがシンプルなのでとにかく見やすいです。ボタンやアイコンのデザイン、配置も「わかりやすさ」を重視して作られています。

付属する音源の種類が、とにかく豊富。ジャンル問わず、すぐに制作に取り組めますし、コストパフォーマンスの高さはトップ認定モノです。付属音源のジャンルも広いので、「いろいろ作曲を試しながら、自分のジャンルを見付けていきたい」という人にもおすすめ。使えるのはMacのみ。

タブレット端末と相性の良い機能やプラグインも続々投入されており、Live Loopsやステップシーケンサーを使えば、iPhoneやiPadで直感的な音楽制作を手軽に楽しめます。MacOSやGaragebandの質感が好きな方なら、すぐに馴染めるDAWです。

参考動画

プラグインの数
プラグインの数は、以下のとおり。

Logic Pro
インストゥルメント 24
エフェクト 70

グレード分けされていないので、Logicの場合は1択。
プラグイン数に反比例し、導入しやすい価格なのも魅力のひとつ。GarageBandの音色も使えることもあり、標準プラグインで作れるジャンルが幅広いです。Logicは以前、単品でプラグインを売っていた時期があるんですが、評判の良い音源をそのまま残してくれてるんですよね。

さらに称賛すべきは、無償のマイナーアップデートでプラグインや追加機能が惜しみなく投入されるところ。他のDAWであれば有償アップデートとする所なんでしょうが、さすがはApple。ジャンルは色々作ってみたい、でもコスパ高いDAWが良い、そんな方にとてもおすすめです。

(→公式サイトで価格をチェック)

Cubase

CubaseというDAWのメイン画面

おすすめポイント
・あれば便利な機能が充実
・国内シェア率トップ
・アップデートがまめ

ドイツのSteinberg社(今はYAMAHAの子会社)が開発したDAW。Logicと同じく歴史がながいです。細やかな機能がとても充実しているので、使える機能は積極的に使っていくタイプの人にはとても合うかと。

シェア率は国内トップで情報収集にはまず困らないですし、5種類ものグレードが用意されているので、必要な機能とコストを比較検討しやすいです。アップデートは毎年行われるので、機能が充実していく分、最新にしておくなら少々出費はかさみます。

標準搭載されている Audio Warp、VariAudio3 (VariAudio3 は Artist/Proのみに付属)は、オーディオのタイミング調整をしたり、音程を補正したり、ケロボイスに加工したり、と中でも非常に便利な機能です。

参考動画

プラグインとトラックの数
グレードによって、使えるトラックやプラグインの数が異なります。
以下、一覧にしみてました。

Pro Artist Elements AI LE
インストゥルメント 8 8 3 2 2
エフェクト 79 64 47 28 23
インストゥルメントトラック 無制限 無制限 24 16 8
オーディオトラック 無制限 無制限 48 32 16
MIDIトラック 無制限 無制限 64 48 24

(→詳細をチェックしたい方は公式サイト)

マルチ音源「HALion Sonic SE」が付属するので、ひと通りの音楽制作をはじめから行えます。トラックは制作スタイルにもよりますが、予備や候補など、アイデアを置いておくのに結構かさみやすいもの。余計なところに気を遣わず、制作に集中できるようトラック数に制限のない「Pro」か「Artist」がおすすめ。

Studio One

LStudio OneというDAWのメイン画面

おすすめポイント
・ウィンドウは1画面でスッキリ配置
・マスタリングモードあり
・直感的な操作

Stainberg社の元スタッフにより、開発されたことでも有名なDAW。なので、画面の雰囲気は、少しCubaseに似ている印象。プラグインをインサートする操作として、ドラッグ&ドロップ操作が採用されているのも特徴的です。

何をしても常に1画面でウィンドウが全て収まってくれるので、「あれ、このウィンドウって、このウィンドウの裏に開いてるんだっけ・・」なんてこともありません。ノートベロシティの強弱を色で表現するDAWは多いですが、見やすさを重視し、割り切って色がトラック間で統一されている所も新しいです。

マスタリング機能というものがありまして、これは完成した曲を複数並べ、調整するのに特化したモード。プラグインでの調整はもちろん、フェードイン・アウト等の処理も簡単に挿入できたりして、非常に扱いやすい。このモードはStudio Oneならでは。

参考動画

プラグインとトラックの数
全部で3つのグレードに分かれています。

Professional Artist Prime
インストゥルメント 5 5 1
エフェクト 41 30 10
インストゥルメントトラック 無制限 無制限 無制限
オーディオトラック 無制限 無制限 無制限
MIDIトラック 無制限 無制限 無制限

(→詳細をチェックしたい方は公式サイト)

「Prime」のみ、外部インインストゥルメントまたは、エフェクトを読み込むことができないので注意。

「インストゥルメントの数が他のDAWよりも少ないのでは?」と思われるかもですが、他のDAWと同様にマルチ音源(Logicの「Sampler」、Cubaseの「HALion Sonic SE」に相当するサンプラー音源)が付属しているので。ご安心下さい。

ピッチ補正ソフトで有名なCelemony社「Melodyne Essential」が、「Professional」に付いてくるのも嬉しい。プラグインの数がある程度そろっている「Professional」「Artist」のどちらかを選ぶと良いですよ。

Live

Ableton LiveというDAWのメイン画面

おすすめポイント
・ループ系の音楽制作に特化
・ライブパフォーマンスにも最適
・対応するMIDIコントローラー、多数あり

ドイツのAbleton社により開発される。クラブサウンドなど、ループ系の音楽を制作するのに特化した、海外では人気の高いDAWです。オーディオやMIDIデータをクリップ(データを格納するリージョンのような箱)とシーン(クリップで形成される列)で管理するのが、特筆すべき所。

パターン別に作っておいたクリップを、アレンジメントビュー(時間軸に沿って音楽素材を貼りつける画面)で貼り付ける直感的な操作で、構成していく作り方がめちゃくちゃ効率が良い。ループ系の音楽制作と、非常に相性が良いんですよね。

Abletonに対応したMIDIコントローラーが多く発売されていて、クリップやシーンをパッドにアサインして、ライブパフォーマンスが簡単にできちゃいます。クロスフェード専用のフェーダーを搭載しているトコロ、Abletonらしさが溢れる仕様です。

参考動画

プラグインとトラックの数
全部で3つのグレードに分かれています。

Suite Standard Intro
インストゥルメント 13 5 4
エフェクト 39 34 21
インストゥルメントトラック 無制限 無制限 無制限
オーディオトラック 無制限 無制限 16
MIDIトラック 無制限 無制限

(→詳細をチェックしたい方は公式サイト)

「Intro」はオーディオトラック、MIDIトラックを合わせて16トラック以内で使用可能。とは言うものの、レコーディングで何とか使えるかどうか・・程度の規模なので、音楽制作には不向きかもです。

まともにDTMするなら、選択肢は「Suite」か「Standard」。「Suite」は申し分なく幅広い音源が付属しますが、Standardにはギターやベース、ピアノ、ドラム、シンセといった最低限の音源のみ用意されています。

さっそく色々と作ってみたいなら、Standardではちょっとモノ足りないかもですが、音源を別途で購入するならアリ。Suiteは機能が充実している分、かなりの価格帯の製品なので、用途と比較しながら検討してみて下さい。

FL STUDIO

FL STUDIOというDAWのメイン画面

おすすめポイント
・ループ系の音楽制作に特化
・画面のUIデザインが見やすい
・リズムパート打ち込みしやすい

ベルギーのImage-Line社により開発されたDAWで、ループ系の音楽制作に特化しています。チャンネルラックでパターンのバリエーションを作り、プレイリストに登録し、ドラッグ&ドロップで貼り付けて曲を作っていきます。

日本語には対応していませんが、全体的な画面構成やアイコンのデザイン等、とても見やすいですし、UIデザインもめちゃキレイです。英語表記はすぐ慣れるので、ここは心配する必要はないかと。

リズムトラックの打ち込みの仕様がとても親切です。打ち込む部分が全てボタン化されていて、押した箇所の色が変わる仕様。常に他のトラックのノートまで細かく見渡せるので、リズムトラックをサクッと作れてしまいます。

参考動画

プラグインとトラックの数
3つのグレードで分けられています。
以下、一覧です。

Signature Producer Fruity
インストゥルメント 23 21 19
エフェクト 63 59 57
インストゥルメントトラック 無制限 無制限 無制限
オーディオトラック 無制限 無制限 ×
MIDIトラック 無制限 無制限 無制限

(→詳細をチェックしたい方は公式サイト)

FL STUDIOは一旦購入してしまえば、永続的にアップデートを無償で受け続けられます。ここまで神対応してくれるメーカーは、他にはありません。グレードを上げる際は有償ですので、そこはご注意下さい。

「Fruity」のみオーディオトラックは使用できません。ですので「Signature」と「Producer」の選択肢になるのですが、Signatureにはピッチ補正プラグイン「Pitcher」、オーディオ加工エフェクト「Gross Beat」、サンプラー「DirectWave」など、使い勝手の良いモノが付いてくるので、最上位グレードの検討の余地あり。差額も比較的小さいですしね。

自分に合うDAWを、サクッと決める方法をご紹介

クエスチョンマークが描かれた5つの木製ブロックの中の一つの向きを変える手

各DAWの特徴を解説してきましたが、まだ決められない人も多いはず。
原因として、自分が重要視する傾向をつかめていない、と思われます。

そんな方のために、選定方法をご紹介。
具体的には、以下です。

選定の手順 3ステップ
① 自分の制作スタイルを知る
② デザインを取るか、機能を取るか、決める
③ グレードを決める

この3ステップで、選定できるはずです。
順番に解説していきますね。

① 自分の制作スタイルを知る

ここは、割と決めやすいんじゃないかと思います。

・色々なジャンルを作っていく予定
  Logic Pro
  Cubase
  Studio One
・クラブサウンドがメイン
  Live
  FL STUDIO

クラブサウンド含めて色々やってみたい、という感じなら「Logic Pro」「Cubase」「Studio One」で良いかなと。クラブサウンドが主軸なら、迷わず「Ableton Live」か「FL STUDIO」でOK。

ジャンルを固めてないなら、可能性を広げられるDAWを選んだ方が安全です。

また、DAWを選定する際の注意点として、プラグインの数を重視しすぎるのは禁物。
理由は、制作環境で得られるメリットのほうが大きいから。

プラグインは少額で後から買い足せますが、DAWを換えるのは面倒です。
DAWの購入コストとノウハウの再構築が必要になるので、初心者の方は避けるべき。

制作スタイル優先だと、プラグインが少なくなる。
買い足さなくて済むように、DAWを選びたい・・。

そう思われる人もいるかもしれません。
ですが、DTMを続けていくなら、投資0 は難しいです。

理由は、付属音源は、あくまで補助的な役割をするものだから。
以下のようなマインドを持っておくと、あとで萎えずに済みます。

  • 足りないものは必ず出てくる
  • 少々の投資は必要になる

もっと品質の高いプラグインが、ほどほどの値段で買えてしまいます。
なので、ここはあまり心配する必要はないです。

プラグインの数は、DAWのグレードを決める際の参考材料とするのが良いです。

ですので、制作スタイルの優先度を高めに、付属する音源による選定の優先度はちょっと低めにしておくのが吉。

② デザインを取るか、機能を取るか、決める

①で数がしぼれたら「デザインと機能のどちらで、選定するのか」を決めます。
決め方を決める、という感じです。

以下のどちらが「良い作品づくり」に貢献し得るか、考えてみましょう。
人によって、答えが分かれるところ。

デザイン
  →雰囲気でテンションアップ
機能
  →利便性による効率アップ

上記のうち選んだ方を優先し、「①で選定したDAW」から1つに絞ります。
「デザイン」か「機能」か答えがでたなら、サクッと選べるはず。

ちなみに、筆者がだした答えは「デザイン」でした。
効率よりもテンションを選びましたが、ちゃんと仕事はできています(笑)。

③ グレードを決める

DAWが選定できたら、残りはグレード決めです。
比較リストの数値を参考に、自分に必要なグレードを決めればOK!

いま、各リストの下部のコメントを見ていただくと、かなり決めやすいはずです。
参考に、読み返してみて下さいね。

「【初心者必見】おすすめDAW5選!」まとめ

ウクレレとノーッとパソコンを使って作曲をする女性

DAWの導入後、以下の情報を集めやすくするためにも、ある程度国内のシェア率の高い製品を選ぶのがおすすめ。

・機能の使い方
・不具合の対処方法
・ノウハウ

現在、国内シェアのトップ5を占めるDAWは以下。
この中から、選びましょう。

  • Logic Pro
  • Cubase
  • Studio One
  • Live
  • FL STUDIO

これらは世界的にも広く認知されていて、多くの人に愛用されているDAWです。
購入して、裏切られることはまずないです。

以下の3ステップで、さらに数をしぼりましょう。

① 自分の制作スタイルを知る
② デザインを取るか、機能を取るか、決める
③ グレードを決める

クラブサウンドを作っていきたいなら「Ableton Live」か「FL STUDIO」、複数のジャンルを作っていくなら、残りの3種から選定。

数がしぼれたら、「自分が優先すべきこと」は、以下のどちらなのか選ぶ。

  • デザイン
  • 機能

候補の中から、自分に合ったDAWを選べるはず。

DAWはDTM活動の母艦になるツール。
なので、しっかりと後悔のないDAW選定をしておきましょう。\(^o^)/