DTM FUN LIFE Written by nobsin

DTMに最適な、おすすめのデスクは?【シンプルなデザインを選ぼう】

RECOMMEND

記事を読んでほしい人
DTM作業に最適なデスクを選びたいんだけど、意外と専用デスクのラインナップが多い。ラックや棚が一体化されているデスク、L字型のデスク・・、どれが便利?

結論、多機能ではない、シンプルなデスクでOKです。

「えっ?」って感じですが、これが最終回答です。
筆者はデスクを色々と試してきましたが、最終的に行き着いたのはシンプルなデスク。読者の方には、自分のようにムダな出費がないように・・、そんな想いを胸に本記事を執筆しています。

本記事を読んでわかること
・シンプルなデスクがDTMに向く理由
・筆者のおすすめデスク
・デスクを広くするお手軽アイテム

それでは、「デスク選定の巻」始まり始まり〜。

DTMに最適な、おすすめのデスクは?【シンプルなデザインを選ぼう】

木製のデスクの上に置かれたノートパソコンとヘッドフォン

DTMの作業に最適なデスクを選ぶなら、シンプルなデザインの製品にしましょう。
理由は以下のとおり。

  • ムダに物が増えない
  • 故障するリスクが少ない
  • 長く使える

順番に解説していきます。

ムダに物が増えない

多機能デスクを使うと、ものがムダに増えやすい。
結果、作業効率が落ちやすくなりがちです。

ものが増えると、集中をそらす誘惑も多くなります。
筆者が棚やラック付きの多機能デスクにした結果、以下の問題がでてきました。

棚を活用
  →作業に不要なものが増える
ラックを活用
  →足りなくなった
キーボード収納を活用
  →常に使うので、しまうと不便

パッと見て便利そうな棚やラックですが、ここが落とし穴。
DTMの作業に必要なものって、そんなに多くないんですよね。

結果、スキマをうめるために物を置くようになってしまう。
気付くと作業に関係のないモノであふれている、という事態に。

デスクに常設されたラックでは数が足りなくなった場合、別途購入する必要があります。うーむ・・、多機能デスクを買ったのに、本末転倒です。

整理するためではなく、いつの間にか物を埋めるためのデスクになってしまっていた。

これが、ムダなものが増える原因でした・・。
シンプルなデスクに換え、別途アイテムを購入して整理すると、あら不思議。

とてもスッキリしました。Y(^o^)v
購入したアイテムは、以下。

  • 別売のラック
  • ラック専用の物入れ

ラックは少し余裕のあるサイズを購入。
もし足りなくなっても、ラックだけ買い換えれば問題なしです。

ラック専用の物入れという便利なモノがあります。
1Uサイズから選べますし、筆者はかなり重宝しています。
(→ラック専用ドロワー1Uタイプ / 2Uタイプ / 3Uタイプ)

自宅のラックに設置した3Uサイズのラック専用物入れ

筆者が使っているのは3Uラックタイプの物入れです

このように、ラック専用の物入れやラックの上のスペースを利用すれば、かなり整理できるはず。結果、ムダなものが増えないという感じです。

故障するリスクが少ない

多機能デスクにすると故障するリスクが高くなります。
多機能になるので、ここは避けられない部分。

故障とまではいかなくても、不具合とか普通にあります。

多機能デスクでおこる不具合
・引き出しが開きくくなる
・ガタつく

多機能になると当たり前ですが、その分不具合がおこるリスクは高まります。

よくあるのはキーボードの収納引き出しが開きにくくなったり、開けるたびに金属音が鳴るようになったり、棚の荷物を変えると重心の影響でガタつくようになったり。

極力、作業に集中できる環境にしておきたいものですよね。
シンプルなデスクなら、故障のリスクはほぼ皆無。

長く使っていける

シンプルなデスクなら、レイアウトや用途を変えたりと融通が効きやすいので、長く使っていけます。

  • 鍵盤はスタンドを使って設置したい
  • 部屋のレイアウトを変えたい
  • DTM以外の用途にも使える

このように、将来的に用途を変えることもできます。

デスクを広く使うのにキーボードスタンドを使って設置したり、部屋のレイアウトを変えるときにも扱いやすい。

DTMの作業以外にも、デスクを使うこともできますしね。

DTM作業向けのおすすめデスク

白く塗られた木製のデスクの上に置かれた五線譜とヘッドフォンとノートパソコン

筆者が「いま買うなら、コレ!」的なデスクをご紹介します。
特に、以下を重視して選定しています。

  • シンプルなデザイン
  • 色を選べる
  • レイアウトの融通が効く

それでは、順番にご紹介していきますね。

山善:パソコンデスク

シンプルなデザインの濃いブラウンのデスク

サイズは、幅140×奥行60×高さ70cm。

汚れや傷につよい天板、デザインはシンプルでサイズの選択肢があるのはうれしい。配線やPC、ラックの配置に融通が効きやすいデザインです。

Need:コンパクトデスク

脚が黒に塗られた金属で天板がナチュラル色で木目調のデスク

サイズは、幅80×奥行60×高さ70cm。

やや横幅がコンパクトなんですが、鍵盤数がそれ程多くないキーボードを使うならサイズ的にはこれで十分。色は木目がみえるナチュラル色がおすすめです。

コクヨ:リーン オフィスデスク

天板がクリーム色で手前側の脚が斜めに角度が付けられたシンプルなワークデスク

サイズは、幅100×奥行70×高さ72cm。

シンプルながら、斜めに伸びる脚のデザインが何とも優雅。ちょっとオシャレなところがポイント高し。机上に配線トレーがあるので、色々と電源の融通が効きます。

デスクをさらに広くする方法をご紹介します

紫色の背景に置かれた音楽制作向けの多機能デスク

DTM向けのデスクでよくあるのが、「奥行きサイズの不足」問題。

鍵盤は目の前に置いたほうが作業しやすい。
・・けど、トラックボールを置くスペースが狭くなる、など。

こんなときは、別売のディスプレイスタンドを使うと改善します。

デスクの奥行きサイズが不足するのは、ディスプレイスタンド部分が幅をとってしまうのが原因。このために鍵盤を買い替えなんて、ちょっと不毛ですよね・・。

ディスプレイスタンドの設置部材の脚が薄ければ、鍵盤を上にのせられるのでスペースを確保可能。しかも、上下にスライドできるので、下に置く鍵盤と干渉することはありません。(以下念のため、筆者が使っているスタンドのリンクです)

デスクの手元のスペースは、広いに越したことはありません。腕の疲労も軽減できますし。まずこれだけ試す、っていうのも良いかもですね。

ディプレイがVESA規格かどうか、事前に確認しておきましょうね。

「DTMに最適な、おすすめのデスクは?」まとめ

木製のデスクの上で五線譜にメモをとるヘッドフォンをした女の子

DTM向けにデスク選定をするなら、多機能デスクではなく、シンプルなデザインの製品にするのが吉です。理由は、以下。

  • ムダに物が増えない
  • 故障するリスクが少ない
  • 長く使える

さらにデスクを広く使う為に、別売のディスプレイスタンドを活用する。
ディスプレイスタンドの脚を薄いものにすれば、鍵盤を脚の上にのせてスペース確保できちゃいます。

多機能デスクを買わずに、ラックやスピーカースタンドなどはちゃんと買った方が、確実にお買い得。

なぜなら質も高く、機能的にも融通が効きやすいから。
長く使えるので、結果的には安く済みますしね。

DTMの作業効率を上げるためにも、整理しやすいデスク選定は必須。
将来的にも活用していけるデスクを選んでおきましょう!