重厚なEDMベースの作り方を解説【2つのポイントを押さえよう】 | DTM FUN LIFE              

重厚なEDMベースの作り方を解説【2つのポイントを押さえよう】

HOW TO

肘を机について考える少年

EDMを作りたい人「プロがEDMで作るような太いシンセベースを再現できません。

EQで調整するにも限界を感じています。
作り方を知りたいです。」

いくら調整しても、EDMで使われるベースのように太い音にならない・・。
そうお悩みではありませんか?

本記事では、EDM向けの重厚なベース音色を簡単に作る方法をご紹介します。

本記事の信頼性
筆者はDTM歴20年ほど。
EDMを実務でよく制作しますので、本記事は参考になると思います。

具体的に3つのポイントに分けて説明していきます。
サクッと読めますので、すぐに実践できますよ。

本記事を読んでわかること
重厚なEDMベースの作り方

それでは、さっそく見ていきましょう。

もくじ
1.重厚なEDMベースの作り方を解説【2つのポイントを押さえよう】
 1-1. サブベースを重ねる
 1-2. サイン波の設定方法
2. EDMのベース音作りではサブベースの調整が重要
 2-1. ステレオイメージャーで調整
 2-2. 各メーカーのステレオイメージャーを紹介
3. EDMの音色作りを覚えるとバリエーションを増やせる

重厚なEDMベースの作り方を解説【2つのポイントを押さえよう】

照明に照らされるターンテーブル

EDMでよく使用されるベースは中高域がありつつ低域も太いですよね。
以下の2つのポイントを押さえれば、アッサリ作れちゃいます。

  • サブベースを重ねる
  • サイン波の設定方法

詳しく説明していきますね。

サブベースを重ねる

メインベースにはイメージと近い音色を選択。
次に、サブベースを重ねて低域を強化することをまず考えましょう。

単体の音色では、全てを満たすような調整は難しいからです。

ベースの音色を決定付けるメインの音色に加え、低域を支えるサブベースを付加することがポイントになります。

メイン音色だけでは生じる問題
・超低域の定位感を出しにくい
・エフェクターで広げると重心がボヤける

メインベースに個性的な音色を選んだ場合は特に、低域をコントロールする難易度が上がります。結論として、重ねる音色はサイン波がベストです。

理由は以下のとおり。

サイン波を選ぶ理由
・メイン音色に影響を及ぼしにくい
・超低域だけ良い感じに付加できる

サイン波を使うと、メイン音色の中高域への音色変化の影響を最小限に抑えられます。
それぞれ役割分担をはっきりさせるイメージですね。

それでは、サイン波を設定方法をいくつかのシンセで説明していきますね。

サイン波の設定方法

オシレーターでサイン波を選ぶか、シンセによってはプリセット音色で選べるようになっています。どれでも簡単にできますよ。

MASSIVE
 (メーカー:Native Instruments)

基本波形から「Sin-Squ」を選択し、Wt-positionを左いっぱいまで回してサイン波のみの出力にします。他のオシレーターの音色はオフにしましょう。

MiniV
 (メーカー:Arturia)

プリセット音色から選ぶことができます。

SERUM
 (メーカー:Xfer Records)

オシレーターでこのようにセットすればOK。

エンベロープは適宜調整するようにしましょう。

アタックは0、ディケイは最大、サスティンも最大、リリースは0に一旦設定しておき、それぞれ必要であれば調整してください。

サイン波を重ねる際の注意点
イコライザーでメインベースと分離させすぎないこと

ミックスでは普通なら、近い帯域の音同士は分離した方が聴きやすいですよね。
今回は、一つの音色として聴かせたいワケですので、分離しすぎるのは禁物です。

ベース音色としての一体感を出せるように調整しましょう。

EDMのベース音色作りではサブベースの調整が重要

群青色の筐体のアナログシンセサイザー

サブベースのみ音像を左右に広げると、また違った質感のベースに仕上がります。
サブベースの音像の広げ方を説明していきます。

ステレオイメージャーで調整

音像を広げるには、ステレオイメージャーを使用します。

ポイントは、かけすぎないこと。

やりすぎると逆相が発生し、音抜けが悪くなったりとミックスに悪影響がでてきます。
逆相が多くならない程度におさえておきましょう。

メインベースの重心を保ちつつ広げる

サブベースのみ、ステレオイメージャーで定位感を広げていきます。
注意点として、メインベースはサブベースより音像を広げないようにします。

理由は、ベース音色の重心がぼやけてしまうから。

ベース音色の重心がぼやけると、曲全体の印象も顕著に変わります。
想定外の変化は避けるべきです。

メインベースは広げずとも程よくなる場合は多いですね。
かけたとしても、10%程度広げる微調整に留めておきましょう。

ステレオイメージャー有りと無しの比較

ステレオイメージャーでサブベースを広げた場合、何もしない場合を比較してみます。

ステレオイメージャー未使用

サブベースにステレオイメージャーを適用

割と違いは出やすいと思います。
この例ではメインベースにはステレオイメージャーをかけていません。

ベース音色としての重量感は十分得られており、サブベースの調整が重要であるということが分かります。

各メーカーのステレオイメージャーを紹介

サブベースに使用するステレオイメージャーですが、DAWに標準で付属してくることも多いですが、有名なプラグインを2点ご紹介します。

筆者がオススメするプラグインはこの2つ。

Ozone Imager
 (メーカー:iZotope)
bx_stereomaker
 (メーカー:brainworx)

Ozone Imager
フリープラグインです。(ダウンロードはこちら)
無償で使いやすいのでかなりおすすめです。

iZotope社のOzoneというソフトで逆相が生じている様子

bx_stereomaker
有償プラグインです。
brainworxはドイツのメーカーで、MS処理系のプラグインを多く発売しています。

MS処理をからめた他のプラグインもおすすめ。

ステレオメーカーというエフェクター

DAWによっては操作性がイマイチだったりします。
そんな時はこの2つから選ぶと良いですよ。

EDMではベース音色以外でもこの作り方を多用します

今回はEDMのベース音色の作り方として、音を重ねる(レイヤーを組む)方法をご紹介しましたが、パッド音色やリード音色でも同じ手法がよく使われます。

今回は2種類の音色を組み合わせる方法を使いましたが、場合によっては3種類、4種類とレイヤーを組む場合があります。

レイヤーの数が多くなっても意識することは同じ。
音色の役割分担をふまえつつ、音色としての一体感を出すことです。

同じ音色でも組み合わせで個性的なライブラリを増やせるので、是非いろいろと試してみて下さい。