【プロ直伝】EDMのベースをより重厚にする音作りの手法 | DTM FUN LIFE              

【プロ直伝】EDMのベースをより重厚にする音作りの手法

HOW TO

肘を机について考える少年

EDMをカッコ良く作りたい人「EDMでプロが作るような太いシンセベースの音色がどうしても真似できません。

イコライザーで調整するにも限界を感じてしまいます。作り方を教えてくれませんか?」

いくら調整してもEDMでよく使われるベースのように太い音にならない・・、そうお悩みではありませんか?

本記事を読むことで、太い存在感溢れるベースを作れるようになります!

本記事の信頼性
筆者はDTM歴20年程。
私はEDMを実務でよく制作しますので、本記事は参考になると思います。

具体的にわかりやすく、制作方法を説明していきますのですぐに実践することができますよ。

本記事を読んでわかること
重厚なEDMベースの作り方

お手軽にできるので、本記事を読んだらさっそく実践してみましょう!

もくじ
1. EDMのベースをより重厚にする音作りの手法
 1-1. メインのベース音色にサブベースを付加
 1-2. メインのベース音色だけでは低域が不足
 1-3. サブベースにはサイン波がベスト
2. EDMのベース音色作りではサブベースの調整が重要
 2-1. サブベースにはステレオイメージャーが有効
 2-2. サブベース調整に便利なステレオイメージャーを紹介
3. EDMの音色作りを覚えるとバリエーションを増やせる

EDMのベースをより重厚にする音作りの手法

照明に照らされるターンテーブル

EDMでよく使用されるベースは高域がありつつも太くてドッシリしていますよね。

結論として、作り方は以下になります。

メインのベースにサブベースを付加する

それでは、説明していきます。

メインのベース音色にサブベースを付加

メインベースには鳴らすイメージに近い音色を選択し、サブベースを重ねて低域を強化すると 良いです。1つの音色だけでは中々思うように加工できないことが多いです。

ベースの音色を決める特徴的な音色の他に、低域を支えるサブベースを付加することがポイントになります。

メインのベース音色だけでは低域が不足

メインのベースのみで低域も調整すると、以下の問題が生じます。

・左右に広がる感じがだせない
・かと言って、ステレオイメージャーを使うと重心がボヤける

メインベースに特徴的な音を選べば選ぶほど、EDMに必須である低域がうまく強調できなくなってしまう場合が多いです。

それでは、どのような波形を重ねていけば良いかをご紹介していきます。

サブベースにはサイン波がベスト

結論として、サブベースにはサイン波を使いましょう。

理由は、中高域にあまり影響を及ぼさずに低域を補強することができるからです。他の音色でも無理ではありせんが、サイン波が一番調整しやすいです。

それでは、どのようにサイン波を用意すれば良いのかを見ていきましょう。

サイン波の設定方法

「サイン波の設定はどうするの?」
という話になるワケですが、これはいたって簡単です。

オシレーターでサイン波を選ぶか、シンセによってはプリセット音色で選べるようになっています。

いくつかのソフトシンセで選択方法をご紹介します。

MASSIVE
 (メーカー:Native Instruments)

基本波形から「Sin-Squ」を選択し、Wt-positionを左いっぱいまで回してサイン波のみの出力にします。他のオシレーターの音色はオフにしましょう。

MiniV
 (メーカー:Arturia)

プリセット音色から選ぶことができます。

SERUM
 (メーカー:Xfer)

オシレーターでこのようにセットすればOK。

エンベロープは適宜調整するようにしましょう。

アタックは0、ディケイは最大、サスティンも最大、リリースは0に一旦設定しておき、それぞれ必要であれば調整してください。

サイン波を重ねる際の注意点

サイン波をサブベースとして重ねる際に注意することは以下になります。

イコライザーで、メインベースと分離させすぎないこと

ミックスの定例ルールに従うのであれば、なるべく近い帯域の音同士は分離させた方が聴きやすくなります。

しかしながら、この場合はあくまで一音色として聴かせたいワケですので、分離させすぎるのは禁物です。

EDMのベース音色作りではサブベースの調整が重要

群青色の筐体のアナログシンセサイザー

重ねたベース音色のうちサブベースのみ音像を左右に広げると、より迫力のあるベース音色にすることができます。

サブベースの音像を広げるための処理について説明していきます。

サブベースにはステレオイメージャーが有効

音像を広げるには、ステレオイメージャー(ステレオエンハンサー)というエフェクターを使用します。

音像を左右に広げるときにはステレオイメージャーを使用しますが、かけすぎは厳禁です。

かけすぎると逆相が発生することになり、結果としてミックスに良い影響を及ぼしません。

逆相が生じない程度におさえておくのがポイントです。

メインベースの重心を保ちつつ広がりを出す

サブベースのみ、ややステレオイメージャーで左右に音像を広げるワケですが、メインベースはサブベースより音像を広げないようにします。

理由は、ベースの重心がぼやけてしまうから。

重心がぼやけると、音色の輪郭がボヤけてしまいます。その状態は良くありません。

極端な調整は避けて、10%程度広げるのがおすすめな設定です。

ステレオイメージャー有りと無しの比較

ステレオイメージャーでサブベースを広げた場合と、処理をしなかった場合の比較をしてみます。

ステレオイメージャー未使用

サブベースにステレオイメージャーを適用

比較をすると、違いがハッキリしますよね。ちなみに、メインベースにはステレオイメージャーをかけていません。

定位感は十分得られており、サブベースの調整が重要であるということが分かります。

サブベース調整に便利なステレオイメージャーを紹介

さて、サブベースに使用するステレオイメージャーですが、最近のほとんどのDAWには最初から付属している場合が多いです。

しかしながら、有償で入手するモノの方が圧倒的に操作性に優れています。

筆者がオススメするプラグインはこちらです。

bx_stereomaker
 (メーカー:brainworx)

brainworxはドイツのメーカーで、MS処理系のプラグインを多数発売しています。他のプラグインもオススメです。

ステレオメーカーというエフェクター

DAWによってはかなり調整しにくいエフェクターが付属されている場合があるので、サクッと買ってしまうのもアリかと思います。

EDMの音色作りを覚えるとバリエーションを増やせる

カンが良い方はお気付きかもしれませんが、EDMでは音色を重ねる方法はベース以外の他のパートでも良く使われます。

ドラムのスネアやパッドなど使用用途は様々で、メリハリのある音を作りたいときには効果的です。

もちろんEDM以外でも使用できますし、この方法を応用することで自分ならではの音色を作ることができます。同じ音源を使っている人との差別化にもなりますよね。

自分なりにどんな音色を加工するのが効果的であるのか、色々と試してみることをオススメします。