DTMでエフェクトをかける順番は?すぐに理解できます【初心者向け】 | DTM FUN LIFE              

DTMでエフェクトをかける順番は?すぐに理解できます【初心者向け】

HOW TO

肘を机について考える少年

DTM初心者「エフェクトをかける順番って決まりはあるのでしょうか?

いつも迷いながらも、自己流でやっています。
正解を教えてください。」

イコライザーとコンプレッサー、どちらを先にかけるべきか・・。

このように迷うこと、ありませんか?

エフェクトをかける順番はポイントをおさえれば、迷いはなくなります。

本記事の信頼性
筆者は、音楽制作実務歴20年ほど。
プラグイン、アウトボード問わずエフェクターについて日々研究しています。

本記事をサクッと読んで、迷う時間を作曲にまわせるようにしましょう!

もくじ
1. DTMでエフェクトをかける順番について解説
 1-1. 効果を強調したいエフェクトは最後
 1-2. 空間系は基本Busセンドで
 1-3. エフェクトチェーンの例
2. エフェクトの順番を迷いなく決めるためには
 2-1. 手持ちのエフェクターの把握
 2-2. エフェクトを挿す理由の確認
3. エフェクトの役割を理解すれば挿す順番は迷わない

DTMでエフェクトをかける順番について解説

黒い作業デスクの上に置かれたDTM環境で作業する男性

DTMの作業でエフェクトを指す順番について、まず以下の2点をおさえておきましょう。

  • 効果を強調したいエフェクトは最後
  • 空間系は基本Busセンド

順番に解説していきますね。

効果を強調したいエフェクトは最後

結論としまして、一番効果を強調したいエフェクトは最後に挿しましょう。

最後に挿したエフェクトはチェーンの出口になるので、音のキャラクターを左右しやすいからです。

具体例を出してみましょう。

① コンプレッサー → EQ
② EQ → コンプレッサー

さて、どちらが正解なのでしょうか?

正解は、両方です。

①はコンプレッサーの後に周波数帯域を整理するワケですので、当然コンプ感は残りますがスッキリとした音になります。

一方、②はコンプレッサーが後にかかるので①とは逆でコンプ感を強調するなら、こちらの方が適切です。

これらの例からわかるように、効果を強調したいと思うエフェクターは基本あとに挿した方が良いワケです。

空間系は基本Busセンドで

空間系エフェクトは基本Busセンドでかけるようにしましょう。

理由は、音像がボヤけやすいからです。

基本的にMIXでは、音像はハッキリと分離させていくワケですのでBusセンドでWet成分を微調整できた方が良い結果につながりやすいです。

しかしながら特殊効果をねらう場合や、DAWによってはBusで送らなくてもDRY(エフェクトがかかっていない音)とWET(エフェクト成分)のバランスを1つのトラックで調整できる機能があったりするので、そういった場合はこの限りではありません。

エフェクトチェーンの例

いくつかエフェクトチェーンの実用例を事例別にご紹介します。

  • アナログの質感を出す
  • ダイナミクスが大きいトラックの対策
  • 逆相が生じているトラックの処理
  • モノラルトラックの定位感を広げる
  • 他のトラックより輪郭を際立たせる
  • 全体をスッキリ聴かせる微調整
  • スッキリとした広がりのあるリバーブに調整

順番に解説していきますね。

アナログの質感を出す

① EQ
② コンプレッサー
③ アナログ系EQ

割と利用頻度が多い定番の順番ですね。

慣れないうちは、以下の手順で調整を行うと良いでしょう。

① デジタルEQでブーストとカットの処理を行う
② デジタルEQでブーストした箇所を無効化
③ デジタルEQでブーストしていた帯域をアナログ系EQでブースト

ブーストをアナログ系EQに任せることで、手前に出したい音に対しては効果テキメンです。

ダイナミクスが大きいトラックの対策

① コンプレッサー
② EQ
③ コンプレッサー
④ アナログ系EQ

ダイナミクスが極端に大きいトラックなど、まずコンプレッサーでイメージを固めてしまうという考え方です。

2回目のコンプレッサーはサチュレーション効果を出すために挿しています。

逆相が生じているトラックの処理

① EQ
② コンプレッサー
③ イメージコントローラー
④ ステレオイメージャー
⑤ MS系EQ

イメージコントローラーで逆相を調整し、ステレオイメージャーで再度音像を広げています。

最後のEQはサイド成分のみの調整です。

音像を整えつつ、自分のMIXに馴染むようトラックを調整しています。

一例を紹介しましたが、空間系やモジュレーション系のエフェクターでクセをつけるのも面白いですよね。

試す分には、ソフトが壊れたり周りから怒られることもありませんので、基本を踏まえた上で色々試してみましょう!

モノラルトラックの定位感を広げる

① ステレオイメージャー
② MS系EQ
③ コンプレッサー

このチェーンは、元素材がモノラルで音の広がりと分離感を良くするものです。

MS系EQを使用し、センター成分では音の変化が大きいため調整が難しい周波数帯域をサイド成分で調整します。

このように調整することで、もと素材がモノラルであっても音を分離させながら定位感を広げることができます。

他のトラックより輪郭を際立たせる

① EQ
② コンプレッサー
+ Busセンド → サチュレーター

サチュレーターは倍音を付加し、音の鳴りを豊かにしてくれるエフェクターです。

Busセンドで原音と混ぜることで、かかり具合を調節することができます。

注意点として、複数のトラックにかけることはオススメできません。

他のトラックより際立つから、メリハリをつけられるのであって、複数のトラックにかけるとお互いに良い影響を及ぼしません。

メインで聴かせたいトラックに絞って、かけると良いです。

全体をスッキリ聴かせる微調整

①調整済みのリズム、ベース、メロディ、残りのトラックをBusでまとめる
②それぞれEQで調整

Busでトラックをまとめた後のEQの調整がポイントです。

音には基音以外に倍音成分があり、その倍音成分までを意識した微調整を行うとより全体的にスッキリした聴きやすいミックスになります。

参考以下の記事の「倍音を意識したイコライザーの使い方」の項目で詳しく解説しています。

スッキリとした広がりのあるリバーブに調整

① リバーブ(Busトラック)
② EQ
③ ステレオイメージャー

Busセンドでリバーブをかける際に筆者はよく使うエフェクトチェーンです。

リバーブ成分の低域をHigh Pass Filterや、Low Shelfでカットします。

高域を使うトラックが多い場合は、Low Pass Filterで高域をカットすると、よりリバーブ成分がなじみやすくなります。

参考低域のカット調整の方法は、前項目でリンクを貼らせていただいた「DTM必須のイコライザーの使い方をわかりやすく解説」の記事の「イコライザー調整の手順」で紹介していますので、あわせてチェックをしてみて下さい。

さらに、リバーブの左右の広がりをステレオイメージャーで少し広げると、リバーブの効果をより引き出すことができます。(ですが、やりすぎは厳禁です!)

エフェクトの順番を迷いなく決めるためには

ディスプレイに映った作曲するためのソフトウェアの画面

エフェクトのチェーンを迷いなく組むには、以下の2点が自然とできるようになればオッケイです。

  • 手持ちのエフェクターの把握
  • エフェクトを挿す理由の確認

順番に説明していきますね。

手持ちのエフェクターの把握

DAWで使用できるプラグインの機能をまずひと通り理解しましょう。

仕事するときに、道具の使い方をイチイチ調べる職人さんっていないですよね。

ある程度知っておくと、手間をかけなくても1つのエフェクターで調整すれば済むようなケースもあり、時短にもつながります。

エフェクトを挿す理由の確認

結論として、明確な理由もなくエフェクターを挿すのはやめましょう。

後で修正や調整をする時には、どういう意図でエフェクターを挿したのか忘れていたりします。

明確な目的もなくかけたエフェクターは、調整を困難にすることが多いです。

以下のようなノリは要注意です。

  • 評判が良いエフェクターなので
  • 何となく音が良くなってるかも
  • とりあえず挿しておく

目的に合った道具が選べなければ、どんな職人でも良いものを作ることができません。

また、何をどうしたいからエフェクトをかけるのか、必ず目的と結果をはっきりさせておくようにしましょう。

迷った場合は、以下のように作業を進めましょう。

① 処理前と処理後の音を聴き比べてみる。
② 変わらない、イマイチな場合はそのエフェクトはやめる。

せっかく時間をかけて調整したのだから・・、という気持ちは捨てて、音が目指すものに近づいたか否かでキッパリ決めることがポイントです。

このルールをもうけておけば、判断も速くなりますし、目標の音から遠ざかることもありません。

エフェクトの役割を理解すれば挿す順番は迷わない

赤い帽子をかぶり黒いヘッドフォンをしている男性の後ろ姿

エフェクトをかける順番で悩まないようにする為には、自分なりのルーティンを確立するのが一番近道です。

自己流という意味ではなく、定番の使い方を把握した上でさらに目的の音に近づくための工夫を加えるイメージです。

その準備としては手持ちのエフェクターについてひと通り触り、自分がどのような道具を使えるのかを理解するだけでも、ムダに迷う時間はかなり少なくなりますよ。