DTMに必須なイコライザーの使い方をプロがわかりやすく解説 | DTM FUN LIFE              

DTMに必須なイコライザーの使い方をプロがわかりやすく解説

TOOLS

悩んでいる少年

イコライザーの使い方で迷える人「イコライザーがミックス重要なのはわかるのですが・・

気付けば、高域ばかりを上げてしまっています。

結局のところ使い方がイマイチわからないので、教えてください。」

このように、イコライザーの使い方でお悩みではありませんか?

本記事を読むことで、イコライザーの使い方のコツをつかむ近道がわかります。

本記事の信頼性
筆者はDTM実務歴20年ほどですが、私も初心者の頃はEQで苦労しました。
初心者にもわかりやすい解説をしていきます。

イチからわかりやすく説明していきますので、イコライザーに苦手意識を持ってる方は必見です。

本記事を読んでわかること
・イコライザーの適切な設定方法
・イコライザー調整のコツ

慣れてくれば曲制作と同時に出来るようになりますよ。
さっそく実践してみましょう!

もくじ
1. DTMに必須なイコライザーの使い方をわかりやすく解説
 1-1. イコライザーの使い方
 1-2. 各パラメータの役割
 1-3. カーブの種類
 1-4. イコライザー調整の手順
2. イコライザーの使い方のコツ
 2-1. ブーストすべきポイントを知る
 2-2. ブーストする帯域が重なる場合の対処処
 2-3. ピンポイントで確認できるEQを使う
3. イコライザーで調整するメリット
 3-1. 音圧を上げなくても聴きやすい
 3-2. 効果音等を重ねても邪魔されない
 3-3. 再生機器を選ばない
4. イコライザーに慣れれば曲の作り方が変わる

DTMに必須なイコライザーの使い方をわかりやすく解説

グレーの筐体のアナログミキサー

イコライザーの使い方を覚える為に、まず以下のポイントをおさえましょう。

  • イコライザーの使い方
  • 各パラメータの役割
  • カーブの種類
  • イコライザー調整の手順

順番に解説してきます。

イコライザーの使い方

イコライザーとは以下の機能、役割を持つハードウェアまたはプラグインソフトウェアです。

周波数を指定し、カットやブーストを行い音質を調整する

目的に合わせて使い分けられるよう、2種類のイコライザーが存在します。

・ グラフィックイコライザー
・ パラメトリックイコライザー

それぞれ、解説していきます。

グラフィックイコライザー

グラフィックイコライザー

グラフィクイコライザーは、調整する周波数が固定されているイコライザーです。

PA機器として使用されることが多く、調整する周波数があらかじめ固定されているのが特徴です。

例えばライブ会場などで、ハウリングの原因となる周波数はだいたい決まっているので、固定されていた方が便利ですよね。

もちろんプラグインもありますが、DTMで使用する機会は少ないです。

パラメトリックイコライザー

パラメトリックイコライザーで調整している様子

パラメトリックイコライザーは、周波数や幅を指定し、カーブを描いて調整するのが特徴です。

視覚的にも確認しやすく、アナライズ機能があるプラグインもよく見かけますね。

DTMではパラメトリックイコライザーが使用されることが多い為、本記事ではこちらの説明を詳しくしていきます。

各パラメータの役割

EQには以下のパラメータがあります。

  • Frequency
  • Gain
  • Q
  • Output

順番に解説していきます。

Frequency

Frequency(フリーケンシー)は、調整する周波数帯域の中心値を指定するパラメータです。

イコライザーの横軸で右へ進むほど周波数値は大きくなります。

Gain

Gain(ゲイン)は、ブーストやカットをする音量を調節するパラメータです。

つまみは真ん中をゼロとし、右へ回すと音量をブースト、左へ回すとカットします。

Q

イコライザーのQ値を比較している様子

Q(キュー)は、調節する周波数帯域の幅を調節するパラメータです。

Qを変えることでピンポイントで調節したり、帯域をまとめて調節することができます。

OUTPUT

OUTPUT(アウトプット)は、イコライザーから出力されるマスター音量を調節するパラメータです。

メーカーによっては名前が異なることもありますが、機能は全く同じです。

調整によって音量が変わるので、このパラメータで調整前の音量と同じになるよう調節しましょう。

同じ音量で、質感を比較することが重要です。

カーブの種類

EQのカーブには、以下の種類があります。

  • Bell
  • High Pass Filter
  • High Shelf
  • Low Pass Filter
  • Low Shelf

これらのカーブを組み合わせて、処理を施していきますが、必ずしも全て使うわけではありません。

1つしか使用しないこともありますし、多々組み合わせることもあります。

必要に応じて組み合わせて使用するイメージです。

カーブの種類について、順番に解説していきますね。

Bell

イコライザーのBellカーブ

ピンポイントで調整を行うためのカーブです。

鈴の形状に似ていることから、Bellカーブと呼ばれています。

Frequency値を中心として、放物線状にカーブを描いて調整をします。

High Pass Filter

イコライザーのHPFカーブ

Frequency値より低い周波数を全てカットするためのカーブです。

カットする際のカーブの傾斜も変えることができ、Qを上げるとシンセのレゾナンスのように、音質にクセを付けることができます。

High Shelf

イコライザーのHigh Shelfカーブ

高域をまとめて調整するためのカーブです。

主に微調整、まとまった処理などに使用することが多いです。

Low Pass Filter

イコライザーのHPFカーブ

Frequency値より高い周波数を全てカットするためのカーブです。

使う要領はLow Pass Filterと同じです。

Low Shelf

イコライザーのLow Shelfカーブ

低域をまとめて調整するためのカーブです。

使う要領はHigh Shelfと同じです。

イコライザー調整の手順

イコライザーの設定方法は、以下の4つの手順でおこないます。

①不要な低域高域のカット
②強調したい帯域をブースト
③他のトラックとかぶる帯域のカット
④ブーストとカットの調整を繰り返す

この順番でなければ出来ない、ということはないですが、不要な帯域をカットしてからの方が調整のイメージがしやすく、進めやすいです。

各手順について説明していきますね。

不要な低域高域のカット

人間の聴き取れる音の周波数は、20Hz〜20kHzです。

20Hz以下の低域は機械的にカットし、20kHz以上の周波数帯域は適宜カットをおこないます。

それぞれ以下のフィルターでカットしましょう。

  • 20Hz以下 → HighPass Filter
  • 20kHz以上 → LowPass Filter

順番に説明していきますね。

不要な高域の処理

イコライザーで低域と高域をカットする様子

画像のように、20kHz以上をカットします。

ですが、以下が注意点になります。

高域については、全てのトラックに対して機械的にカットをすることはオススメできません。

周波数のダイナミクスの大きいトラックは特に、機械的にカットすることは望ましくありません。

いわゆる”高域の伸び”に直結する部分ですので、高域の飽和感がある場合、または高域の成分が多いトラックがある場合に適宜カットしていきましょう。

不要な低域の処理

低域の場合は、20Hz以下は機械的にカットしてしまいましょう。

キックやベースのような低域を中心とする音色以外の場合は、音色変化が起こらない帯域までHighPass Filterでカットします。

イコライザーで低域をカットしている様子

ここはイコライザーのBypass機能のオン、オフを繰り返し慎重に進めるのがポイントです。

強調したい帯域をブースト

ブーストをおこなうのに効果的な周波数帯域は、音色によって異なります。

ブーストすべき周波数帯域を、以下のようにして探って見つけます。

イコライザーでブーストするポイントを探している様子

画像のようなベルカーブで、強調される周波数帯域を左右に動かし音の変化を確認します。

音が手前に聴こえるように変化するポイントが必ずありますので、ブーストする周波数帯域を特定しましょう。

ここではエレキギターを例にあげて、比較してみましょう。

ブーストなしの場合

800Hz付近をブーストした場合

比較すると、後者の方が音が手前に聴こえるのが分かると思います。

このように、音色ごとにブーストするのに適した周波数帯域を探していきましょう。

他のトラックとかぶる帯域のカット

音の飽和を防ぐために、カットも行わなければなりません。

「ブーストすべきポイントを見つける」でご紹介したように、ベルカーブを作り左右に動かしながら「音がかぶるポイント」を探していきます。

エレキギターを例に挙げますと、以下の周波数帯域付近で「音が大きくにごる」現象が起こるハズです。

・キック → 60〜80Hz付近
・ベース → 100〜200Hz付近

そのポイントをベルカーブでカットすればOKです。

この時、カットのし過ぎには要注意。以下がポイントになります。

少しづつ調整し、最低限のカットに留める。

過度なカットは音やせの原因になってしまいます。

ブーストとカットの調整を繰り返す

カットとブーストの方法をご紹介してきましたが、基本的にはこの作業の繰り返しです。

調整で忘れてはいけないポイントは、以下です。

調整前と調整後の変化を確認する。

調整が微量であってもパラメータをバイパスを行い、調整前と調整後の変化を確認し、またそれが意図通りの改善であったのかを都度確認するようにしましょう。

カットとブーストでうまく調整できると、音を分離させることができます。

しっかりと調整された曲は、それぞれの音がクリアに聴こえますよね。

それは調整がされ、音が分離されているからです。

ブーストとカットを行い帯域のかぶりを解消すれば、音を分離させることができます。

イコライザーの使い方のコツ

パネル部分が青色のグラフィックイコライザー

イコライザーの使い方のコツをつかむ為に、以下のポイントをおさえましょう。

  • 音色により異なるブーストすべきポイントを知る
  • ブーストする帯域が重なる場合の対処
  • ピンポイントで試聴できるEQを使う

順番に説明していきますね。

ブーストすべきポイントを知る

ブーストをおこなう適切な周波数帯域の見付け方は既にご紹介しましたが、音色ごとにブーストする帯域の場所は異なります。

色々と試しながら感触をつかんでいくしかないのですが、いくつかの音色を例に挙げ、ブーストするのに適した値をまとめてみました。

・キック → 60〜80Hz付近
・ハイハット → 3K〜5KHz付近
・ベース → 100〜200Hz付近
・エレキギター → 700〜9000Hz付近
・バイオリン → 1300〜1900Hz付近

※音源により値は変動し、ミックスのアプローチにより別の帯域をブーストすることもあります。ブーストを行うポイントを見つける練習の為の、あくまで目安として下さい。

ブーストする帯域が重なる場合の対処

ブーストしたい周波数帯域が重なってしまうケースが生じることがあります。

こういった場合は、以下の対処法から選択することになります。

重度の場合
・ブーストするポイントをずらす
軽度の場合
・ステレオイメージャーで定位感を広げる

順番にご紹介してきます。

ブーストするポイントをずらす

ブーストする帯域がかなり近くなってしまう場合は、お互いに譲り合うようにブーストをする帯域を少し遠ざけるようにします。

例えば、2つの波形のブーストすべき帯域が1.0kHz付近であれば、下の画像のように少し遠ざけた箇所をブーストします。

イコライザー調整ポイントの比較画面

改善がみられない場合は、音色を変更するのが手っ取り早くかつ、効果的です。

ステレオイメージャーで定位感を分離

ブーストする周波数帯域がお互いに少し離れている場合、音の干渉が軽度の場合はステレオイメージャーで片方の音像を広げると改善される場合があります。

 参考ステレオイメージャーのおすすめプラグインは、以下の記事でご紹介しています。

ピンポイントで確認できるEQを使う

ピンポイントで聴いて確認できるEQがあれば、作業効率はかなり変わります。本記事で使用しているFabFilter社のPro Q3は、デジタル系EQの中ではバツグンに使いやすいです。

別の記事で詳しく紹介していますので、宜しければご覧ください。

イコライザーで調整するメリット

イコライザーをノブで調整する男性の右手

イコライザーで適切に調整できると、以下のメリットがあります。

・音圧を上げなくても聴きやすい
・効果音等を重ねても邪魔されない
・再生機器を選ばない

順番に解説していきますね。

音圧を上げなくても聴きやすい

イコライザーの調整が適切に行われていれば、各トラックのコンプレッサーやマスターのリミッターに頼らずとも、十分な音量感で聴かせることができます。

飽和する帯域を極限まで減らしていくことで、各トラックも聞き取りやすくなりますし、何よりも”聴いていて耳が疲れない”ミックスに仕上げることができます。

音量感を上げるために、ダイナミクス系エフェクターに頼りすぎるのは、音やせの原因にもなるので、聴きやすさを追求するのであれば、まずはイコライザーの調整を詰めるようにしましょう。

効果音等を重ねても邪魔されない

曲に演出のための効果音など、重ねる場合もあると思います。

そんな時、調整をせずともイコライザー調整がされていると「効果音が邪魔して聞き取りにくい・・」という事態は起きにくくなります。(調整は必要にはなりますが・・。)

低域から高域まで極端な偏りのない調整により、後から効果音を重ねる際の対処もとても楽です。

再生機器を選ばない

イコライザーの調整がされていれば、どの再生機器で聴いても印象は大きく変わることはありません。

極端に印象が変わるようであれば要注意で、その時はまずイコライザー調整を疑った方が良いですね。

以下をチェックしましょう。

・高域に調整が偏っていないか
・各トラックの干渉を抑え分離できているか

どの再生機器でも同じように聴かせることはできませんが、印象を保つことはできるはずですので、極端にイコライザーの調整が高域に偏っていないか、チェックしてみましょう。

高域に調整が偏りすぎると、低音でどのルートが鳴っているのかが分かりにくくなり、曲の聴こえ方の印象が変わりやすいです。

それでも改善がみられない場合は、各トラックの調整で音の分離ができていない可能性が高いです。

本記事の説明を読みつつ、根気よく調整にトライしてみて下さい。

イコライザーの設定に慣れれば曲の作り方が変わる

黄色いテイストでブロック状に表現されたイコライザー表示

イコライザーの調整に慣れてくると、曲を制作している時点で音色の選び方や、使う音域を意識できるようになります。 

そうすることでアレンジも変わってきますし、ミックス作業の時に無理が生じなくなるんですよね。

筆者は初心者の頃、「調整はミックスで全部なんとかすればいいや」という考え方で曲制作を進めていたので、トライ&エラーの回数がそれはもう、多いものでした。

曲制作の時点でミックスのことが考えられるようになると、曲とミックス双方のクオリティに良い変化をもたらすことができるので、ミックスの中でも時間を要するイコライザーの調整に慣れるようにしましょう。