DTM必須のイコライザーの使い方をわかりやすく解説【プロが直伝】 | DTM FUN LIFE              

DTM必須のイコライザーの使い方をわかりやすく解説【プロが直伝】

TOOLS

悩んでいる少年

イコライザーの使い方で迷える人「イコライザーで音の奥行きを出したり、音を分離させることができるのは分かるのですが・・、

気付けば、高域ばかりを上げてしまっています。

結局のところ使い方がイマイチわからないので、教えてください。」

このような悩みをお持ちの方向けに、本記事を執筆します。

本記事の信頼性
筆者はDTM実務歴20年ほどですが、私も初心者の頃はEQで苦労しました。
初心者にもわかりやすい解説をしていきます。

イチからわかりやすく説明していきますので、イコライザーに苦手意識を持ってる方は必見です。

本記事を読んでわかること
・イコライザーの適切な設定方法
・イコライザー調整のコツ

もくじを読んで「読む項目おおすぎだよ・・」と思う方もいるかもです。

ですが、これを実践すればEQの悩みが消え、時間コストのモトはすぐ取れるはずです。

さっそく、いってみましょう!

もくじ
1. DTM必須のイコライザーの使い方をわかりやすく解説
 1-1. イコライザーの種類
 1-2. 各パラメータの役割
 1-3. 周波数帯域の区分け
 1-4. カーブの種類
 1-5. イコライザー調整の手順
2. DTMにおけるイコライザーの使い方のコツ
 2-1. ブーストすべきポイントを知る
 2-2. ブーストする帯域が重なる場合の対処
 2-3. 重なるトラックに合わせた調整
3. サイド成分を調整するイコライザーの使い方
4. 倍音を意識したイコライザーの使い方
5. イコライザーはProQ3が使いやすい
6. DTMではイコライザーの使い方にまず慣れよう

DTM必須のイコライザーの使い方をわかりやすく解説

グレーの筐体のアナログミキサー

イコライザーの使い方を覚える為に、以下の順番でポイントをおさえるとわかりやすいです。

  • イコライザーの種類
  • 各パラメータの役割
  • 周波数帯域の区分け
  • カーブの種類
  • イコライザー調整の手順

順番に解説してきます。

イコライザーの種類

イコライザーとは以下の機能、役割を持つハードウェアまたはプラグインソフトウェアです。

周波数帯域のカットやブーストを行い、音質を調整する

目的に合わせて使い分けられるよう、2種類のイコライザーがあります。

・ グラフィックイコライザー
・ パラメトリックイコライザー

それぞれ、解説していきます。

グラフィックイコライザー

グラフィックイコライザー

グラフィクイコライザーは、調整する周波数が固定されているイコライザーです。

PA機器として使用されることが多く、調整する周波数があらかじめ固定されているの所が特徴です。

例えばライブ会場などで、ハウリングの原因となる周波数はおおよそ決まっているので、固定されていた方が便利ですよね。

パソコンの環境設定などで採用されているのがグラフィックタイプであることも多いです。

DTMではもちろんプラグインもありますが、使用する頻度は少ないです。

パラメトリックイコライザー

fabfilter社のパラメトリックイコライザーPro Q3

パラメトリックイコライザーは、周波数や幅を指定し、カーブを描いて調整するのが特徴です。

視覚的にも確認しやすく、アナライズ機能があるプラグインもよく見かけますね。

パラメトリックイコライザーに慣れれば、フラフィックイコライザーも使えるようになります。

また、DTMではパラメトリックイコライザーが使用される頻度が多い為、本記事ではこちらの説明を詳しくしていきます。

各パラメータの役割

EQには以下のパラメータがあります。

  • Frequency
  • Gain
  • Q
  • Output

順番に解説していきます。

Frequency

Frequency(フリーケンシー)は、調整する周波数帯域の中心値を指定するパラメータです。

パラメトリックイコライザーの周波数調整の解説図

イコライザーの横軸で右へ進むほど周波数値は大きくなります。

Gain

Gain(ゲイン)は、ブーストやカットをする音量を調節するパラメータです。

パラメトリックイコライザーのブースト解説図
パラメトリックイコライザーのカットの解説図

つまみは真ん中をゼロとし、右へ回すと音量をブースト、左へ回すとカットします。

Q

イコライザーのQ値を比較している様子

Q(キュー)は、調節する周波数帯域の幅を調節するパラメータです。

Qを変えることで調節する帯域の幅を変えられます。

OUTPUT

OUTPUT(アウトプット)は、イコライザーから出力されるマスター音量を調節するパラメータです。

メーカーによっては名前が異なることもありますが、機能は全く同じです。

調整によってOUTPUTの音量が変わるので、このパラメータで調整前の音量と同じになるよう調節しましょう。

例えばブーストをした場合、OUTPUTのレベルは処理前より上がるので、Bypassスイッチでオンとオフを切り替えながら、音量差がゼロになるようにOUTPUTで調整をします。

カットした場合は処理前よりレベルが下るケースが多いです。同じように、OUTPUTで音量差を調節しましょう。

同じ音量で、処理前と後の質感を比較することが重要です。

周波数帯域の区分け

周波数帯域は以下のように分類することができますが、厳密に決まりがあるわけではありません。

  • 低域 〜200Hz付近
  • 中域 200Hz〜3kHz付近
  • 高域 3kHz〜
パラメトリックイコライザーの周波数の区分け図

各帯域共通で言える事ですが、ブーストを中心に処理をすると音が飽和しやすくなるので、カットを中心に処理を行うようにしましょう。

ブーストする際は、アナログ系のイコライザーを併用するとアウトボードをシミュレートした積極的な音作りができます。

以下のイコライザーをシミュレートしたプラグインは各メーカーから多数販売されています。

  • API 550
  • Neve 1073
  • Pultec EQP-1A/MEQ-5

パラメトリックEQだけでもMIXは可能ですが、ブーストとカットにある程度なれてきたら導入するとよいです。

低域 (〜200Hz)

主にドラムのキックやベースの特色を出しやすい周波数が多く含まれる帯域です。

70〜80Hz以下の帯域は超低域と呼ばれ、帯域の整理ができていないと音が濁る原因になりやすいです。

ウーファーがあれば調整しやすいですが、アナライザーを使いつつモニタースピーカーやモニターヘッドフォンでも調整は可能です。

アナライザーとは、周波数帯域の分布を視覚的にチェックできるプラグインで、筆者はマスタートラックにはSPANという無料プラグインを使用しています。

→ Voxendo SPAN 無料プラグインはこちら

中域 (200Hz〜3kHz)

ベースの音づくりからボーカルの処理まで、幅広い種類のトラックを調整する帯域なので手間が一番かかる部分です。

いわゆる音の奥行きや分離感を出すには中域の整理が必須です。

高域 (3kHz〜)

音の成分としては、ハイハットやアコギのストロークでピックが当たる音、ボーカルの息遣い等が相当し、音の抜けや透明感を出すことができます。

ブーストを行うと音抜けが良くなるので、ついつい多用してしまいがちですが、参考にする音源を確認しながら高域にバランスが偏りすぎないよう注意しましょう。

カーブの種類

EQのカーブには、以下の種類があります。

  • Bell
  • High Pass Filter
  • High Shelf
  • Low Pass Filter
  • Low Shelf

料理職人が調理するのに、色々なかたちの包丁を使うイメージです。

これらのカーブを組み合わせて、処理を施していきますが、必ずしも全て使うわけではありません。

1つしか使用しないこともありますし、多々組み合わせることもあり、必要に応じて組み合わせて使います。

カーブの種類について、順番に解説していきますね。

Bell

イコライザーのBellカーブ

ピンポイントで調整を行うためのカーブです。

鈴の形状に似ていることから、Bellカーブと呼ばれています。

Frequency値を中心として、放物線状に描くカーブで調整をします。

High Pass Filter

イコライザーのHPFカーブ

Frequency値より低い周波数を全てカットするためのカーブです。

カットする際のカーブの傾斜も変えることができ、Qを上げるとシンセのレゾナンスのように、音質にクセを付けることができます。

○○dB/oct の値を変えることで、カーブの傾斜を変えることができます。

High Shelf

イコライザーのHigh Shelfカーブ

高域をまとめて調整するためのカーブです。

主に、高域をまとめて調整するときに使用することが多いです。

Low Pass Filter

イコライザーのHPFカーブ

Frequency値より高い周波数を全てカットするためのカーブです。

使う要領はLow Pass Filterと同じです。

Low Shelf

イコライザーのLow Shelfカーブ

低域をまとめて調整するためのカーブです。

使う要領はHigh Shelfと同じです。

イコライザー調整の手順

イコライザーの設定方法は、以下の6つの手順でおこないます。

①入力レベルをチェック
②不要な低域のカット
③不要な高域のカット
④強調したい帯域をブースト
⑤他のトラックとかぶる不要な帯域のカット
⑥ブーストとカットの調整を繰り返す

この順番でなければ出来ない、ということはないですが、不要な帯域をカットしてからの方が調整のイメージがしやすく、進めやすいです。

各手順について説明していきますね。

①入力レベルをチェック

イコライザーに入力されるボリュームレベルをチェックしておきましょう。

イコライザーのレベルメーター

画像のようにピークに達してしまっている場合は、音源の出力を下げピークの点灯が消えていることを確認します。

EQに限らず、プラグイン内部でクリップしていないか確認しましょう。

ピークに微妙に触れピンポイントで点灯してしまう程度であれば、そのままでも問題ナシです。

②不要な低域のカット

人が聴き取れる低域は20Hz程度までとされていますが、機械的にカットをすることは筆者はおすすめしません。

理由は、低域に延びのないレンジの狭いミックスになってしまうから。

音色によって以下2つにわけて処理を行うようにします。

A : キックやベース
B : その他の音色

A : キックやベースのように低域をメインとする音色は、機械的に超低域をカットはせず、図のようにLow Shelfで慎重に低域を調整します。

参考音源を確認しながら、程よいバランスになるように調整をします。

イコライザーで低域を処理している様子

大まかな低域な処理の後に、Bellカーブでカットとブーストを行っていきますが、詳細は別項目「③〜⑤」で説明します。

B : キックやベース以外のトラックは、音色変化のない範囲で低域をカットします。

不要な低域が干渉すると、音の濁りの原因になるからです。

イコライザーで低域を処理する様子

イコライザーのBybassをオン、オフと切り替えながら画像のようにカットによる音の変化が起こる直前までFrequency値を慎重に動かしていきます。

低域をよりスッキリ分離させたいのであれば、High Pass Filterのカーブを画像のようにカーブの傾斜を大きくし、低域に重心を寄せて分離感を小さくしたいのであれば傾斜をゆるやかにすると良いです。

③不要な高域のカット

不要な高域をカットするのに用いるカーブは以下の3つです。

・High Shelf
・Bellカーブ
・Low Pass Filter

これらを用いる目的を順番に解説します。

High Shelfで高域をカット
高域全体の音量をおさえたい場合に使用します。

ギターやシンセなど中域をメインに聴かせたいトラックで使用すると、高域を聴かせたいトラックとの音のすみ分けがスッキリします。

やり方は、低域カットの部分で紹介したLow Shelfの使い方と同様です。

高域を全部カットする程ではないけど、強調したくない、というトラックには最適ですね。

Bellカーブで高域をカット
金属的な響きが強調される箇所をピンポイントでカットします。

この処理を行っておくと、トラックがMIXにとても馴染みやすくなり、聴きやすい音になります。

調整方法は、Q値を大きくしBellカーブを尖らせた状態でFrequency値を変えながら高域全体を探っていきます。

イコライザーで金属音部分を探っている様子

金属的で耳にキツイ音が「キンキン!」と強調されるポイントがあれば、そこを部分的にカットします。

イコライザーで金属音をカットする様子

このように高域をピンポイントでカットすべき箇所は、数カ所に及ぶこともありますし、カットする必要がない場合もあります。

また繰り返しになるのですが、やり過ぎは音抜けが悪くなる原因になるので、最低限のカットに留めましょう。

Low Pass Filterで高域をカット
不要な高域を指定した周波数帯域まで全てカットします。

”高域で聴かせたいトラック”に帯域をゆずる為、中低域で聴かせるトラックにかけると効果的です。

例えば、エレキギターを歪ませると生じる高域の「シャリッ」とした部分を Low Pass Filterでカットすることで、他のトラックと分離しやすくなります。

明らかに不要と感じられる広域のノイジーな部分をカットするイメージですね。

調整方法は、低域カットのHigh Pass Filterの使い方と同様です。

④強調したい帯域をブースト

ブーストをおこなうのに効果的な周波数帯域は、音色によって異なります。

ブーストすべき周波数帯域を、以下のように探って見つけます。

イコライザーでブーストするポイントを探している様子

画像のようなベルカーブで、強調される周波数帯域を左右に動かし音の変化を確認します。

音が手前に聴こえるように変化するポイントが必ずありますので、ブーストする帯域を特定します。

ここではエレキギターを例にあげて、比較してみましょう。

ブーストなしの場合

800Hz付近をブーストした場合

比較すると、後者の方が音が手前に聴こえるのが分かると思います。

このように、音色ごとにブーストするのに適した周波数帯域を探していきましょう。

⑤他のトラックとかぶる帯域のカット

音の飽和を防ぐために、カットも行わなければなりません。

「ブーストすべきポイントを見つける」でご紹介したように、ベルカーブを作り左右に動かしながら「音がかぶるポイント」を探していきます。

エレキギターを例に挙げますと、以下の周波数帯域付近で「音が極端にこもる」現象が起こるハズです。

・キック → 60〜80Hz付近
・ベース → 100〜200Hz付近

そのポイントをベルカーブでカットすればOKです。

この時、カットのし過ぎには要注意。以下がポイントになります。

少しづつ調整し、最低限のカットに留める。

過度なカットは音やせの原因になってしまいます。

最大でも、2.5〜3.0dBのカットをひとつの目安にすると良いでしょう。

⑥ブーストとカットの調整を繰り返す

カットとブーストの方法をご紹介してきましたが、基本的にはこの作業の繰り返しです。

調整で忘れてはいけないポイントは、以下です。

調整前と調整後の変化を確認する。

調整が微量であってもパラメータをバイパスを行い、調整前と調整後の変化を確認し、意図通り改善しているかを都度確認しましょう。

カットとブーストでうまく調整できると、音を分離させることができます。

しっかりと調整された曲は、それぞれの音がクリアに聴こえますよね。

それは調整がされ、音が分離されているからです。

ブーストとカットを適切に行い帯域のかぶりを解消すれば、音を分離させることができます。

DTMにおけるイコライザーの使い方のコツ

パネル部分が青色のグラフィックイコライザー

以下のコツをつかむと、イコライザー調整のイメージがつかみやすくなります。

コツ①:ブーストするポイントを知る
コツ②:ブーストする帯域が重なる場合の対処
コツ③:重なるトラックに合わせた調整

順番に説明していきますね。

コツ①:ブーストするポイントを知る

ブーストをおこなう適切な周波数帯域の見付け方は既にご紹介しましたが、音色ごとにブーストする帯域の場所は異なります。

色々と試しながら感触をつかんでいくしかないのですが、いくつかの音色を例に挙げ、ブーストをするのに適した値をまとめてみました。

・キック → 60〜80Hz付近
・ハイハット → 3K〜5KHz付近
・ベース → 100〜200Hz付近
・エレキギター → 700〜9000Hz付近
・バイオリン → 1300〜1900Hz付近

※音源により値は変動し、ミックスのアプローチにより別の帯域をブーストすることもあります。ブーストを行うポイントを見つける練習の為の、あくまで目安として下さい。

コツ②:ブーストする帯域が重なる場合の対処

ブーストしたい周波数帯域が重なってしまうケースが生じることがあります。

対処法として、ブーストするポイントをお互いに少し遠ざけて調整を行います。

例えば、2つの波形のブーストすべき帯域が1.0kHz付近であれば、下の画像のように少し遠ざけた箇所をブーストします。

キックとベースなど、帯域が近い音色同士でよくあるケースです。

イコライザー調整ポイントの比較画面

それでもなかなか改善できない場合は、音色を変更するのが手っ取り早く効果的です。

コツ③:重なるトラックに合わせた調整

曲によっては途中から楽器構成が大きく変わるケースがあり、同時になる楽器に合わせたイコライザーの調整も効果的です。

例えば、曲の場所によって以下のように楽器構成が変わるとします。

・Aメロ:ドラム、ベース、ギター、ボーカル
・Bメロ:シンセ、ボーカル
・サビ:ドラム、ベース、シンセ、ボーカル

Bメロではベースとドラムが抜けるので、シンセやボーカルには、ドラムのキックやベースが得意とする帯域を使う余裕ができるわけです。

サビでまたベースとドラムが復帰するので、その構成に合わせた微調整が有効です。

ここで気をつけるポイントは、楽器構成が変わるからといって極端に調整を変えることは基本NGです。

あえて変化させる効果を出す場合は例外ですが、通して聴いたときに違和感を感じない調整にすることが前提です。

前後を通して確認をしつつ、調整するようにしましょう。

サイド成分を調整するイコライザーの使い方

イコライザーをノブで調整する男性の右手

MS処理機能が付いているイコライザーでサイド成分も調整すれば、さらにスッキリとした聴きやすいミックスになります。

なぜかサイド成分のイコライザー調整について触れられている記事を見かけないので、特筆しました。

サイド成分を調整することで、左右に音が張り付くような迫力のあるミックスに仕上げることができます。

波形がモノラルの場合は、まずステレオイメージャーでステレオに変換します。

画像のように、通常のカットとブーストと比べてややカーブを大きめにして調整するところから始めると効果がわかりやすいです。

イコライザーでMS処理を行っている様子

サイド成分を調整する上での注意点は、以下の2つ。

・ブーストし過ぎると逆相が出やすい
・カットし過ぎると左右のレンジが狭まる

ステレオポジションディスプレイで、逆相を確認しながらの作業をおすすめします。

通常のブースト、カットより大まかに調整をするものの、やはりやり過ぎはやはり禁物です。

ブーストし過ぎによる逆相発生と、カットし過ぎによるステレオ感の損失には注意しましょう。

ステレオ感の損失は具体的に言うと、サイド成分が極端に削られるので、左右のレンジが狭くなってしまいます。

倍音を意識したイコライザーの使い方

黒いミキサーのフェーダーとノブ

さらにもう一歩踏み込んだミックスにする為に、音の倍音成分を意識するようにすると良いです。

ノート音である基音周りでは音の整理ができていたとしても、倍音成分が他のトラックと予期せぬ干渉を起こしているケースがあるからです。

ですが、倍音成分全てをイコライザーで調整しようとするのは現実的ではありません。

具体的にどのようなケースで調整を行うかですが、例えば以下のよう感じです。

・ベースと上モノ系のトラック間の調整
・ボーカルとオケのミックス

参考に音名と周波数値の対応表をまとめてみました。

音名と周波数値の対応表

例えば、キーがCmの曲ではベースの基音「C2 (65.4Hz)」が多用されることが予想できます。

このケースではベースの基音「C2」に対する倍音成分は、以下のようになります。

・第2倍音 C3 (130,8Hz)
・第3倍音 G3 (196,0Hz)
・第4倍音 C4 (261.6Hz)
・第5倍音 E4 (329.6Hz)
・第6倍音 G4 (415.3Hz)・・・

音の動きとベースの倍音成分の量を考えれば、第2倍音〜第3倍音を意識して調整を行うと良いでしょう。

筆者はトラック数が多い場合は、上モノをBusにまとめてベースの倍音成分と干渉しないよう微調整をするようにしています。

倍音成分を全てコントロールするものではなく、あくまで曲のキーからよく使いそうな帯域を把握して微調整をする、といったイメージです。

トラック数が少なければ、さらに踏み込んだ調整をしてみるのもアリです。

イコライザーはProQ3が使いやすい

fabfilter社のProQ3というイコライザー

イコライザーに以下の機能が付いたものを使うと、作業効率が爆上がりです。

多機能なのに、画面めちゃめちゃ見やすくないですか!?

・スペクトルアナライザー
・MS処理機能
・ピンポイントで音が試聴可能
・ピンポイントでコンプレッション可能

「ピンポイントでコンプレッション」とは、マルチバンドコンプレッサーのように特定の帯域でコンプレッションをかける機能です。

EQでのカットとは違い、一定以上の音の入力に対して圧縮がかかるので、スッキリさせたいけどカットすると物足りない・・、という時には最適の機能です。

筆者は fabfilter社の Pro Q3というイコライザーを使用しており、ほぼ全てのトラックに挿しています。

シンプルで動作が軽く、多機能でかなりコスパが高いです。MS系EQだけでこの製品より高くついたりするので、オールインワンなこのプラグインは断然オススメです。

まだ使用したことがない方は、是非チェックしてみて下さい。
→サウンドハウスで価格をチェック

DTMではイコライザーの使い方にまず慣れよう

黄色いテイストでブロック状に表現されたイコライザー表示

DTM初心者の方であれば、まずエフェクターの中ではイコライザーの使い方に慣れるようにすると良いです。

イコライザーの調整に慣れてくると、曲を制作している時点で音色の選び方や、使う音域を意識できるようになります。 

そうすることでアレンジも変わってきますし、ミックス作業の時に無理が生じなくなるんですよね。

とにかくBypassのオンとオフを繰り返し確認をして、音が改善されなければ状態を元に戻して再調整すること。

記事の中でも書きましたが、これを繰り返し進めていけば調整が破綻することはありませんし、目標の音に自然と近づけることができます。

本記事をよみつつ、是非根気よくトライしてみて下さい。