DTM初心者でも打ち込みやすいおすすめギター音源6選【2020年版】 | DTM FUN LIFE              

DTM初心者でも打ち込みやすいおすすめギター音源6選【2020年版】

RECOMMEND

あぐらをかいてリラックスしている男性

DTM初心者「初心者でギターの経験もありません。

かっこよくギターの打ち込みができるオススメの音源を教えて下さい。」

ギターの打ち込みはニセモノ感が出やすいですし、こういった悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

本記事を読むことで時間をかけずに、選りすぐりの中からのギター音源を選ぶことができます!

本記事の信頼性
筆者はDTMを実務として20年程ですが、ギターを実際弾くので打ち込みやすく質の高いギター音源を紹介できます。

ギターの種類別に紹介していきますので、必ず自分の用途に合った音源が見つかりますよ。

本記事を読んでわかること
・おすすめギター音源6選
・エレキギター音源に必要なエフェクター

最適なギター音源を導入して、楽曲制作の効率と質を高めていきましょう!

もくじ
1. DTM初心者必見!打ち込みやすいおすすめギター音源6選
 1-1. おすすめアコースティックギター音源
 1-2. おすすめナイロンギター音源
 1-3. おすすめエレキギター音源
2. エレキギター打ち込み時には歪み系エフェクターが必要
3. DTMでギターを制すれば品質が爆上がりになる

DTM初心者必見!打ち込みやすいおすすめギター音源6選

床に置かれたストラトキャスター

ギターの種類は様々ですが、以下の種類のギターをおさえておけばまず問題ありません。

  • アコースティックギター
  • ナイロンギター
  • エレキギター

理由は、ポップスや民族音楽やジャズなどこれらは共通で使われ、使用頻度が高いからです。

それぞれ、選りすぐりのおすすめギター音源を紹介していきます。

おすすめアコースティックギター音源

アコースティックギターはさりげなくストロークを鳴らしているだけで、グッと音楽らしくなる汎用性の高いギターです。

ここでは2つの製品をご紹介します。

Hummingbird

Hummingbirdというギター音源ソフトウェア

メーカー:PROMINY

ギブソン社のアコースティックギターHummingbirdを再現した音源で、ガツガツとかき鳴らすサウンドを重視したい方は、こちらがオススメです。(ピック弾きのみ対応。)

もちろんソロにも対応しており、音質的には高域の抜けが良い印象があります。

アルペジオにも対応しており、カッティングノイズを混ぜつつハードでエッジの効いたストロークサウンドを求めるのであれば、こちらの音源で決まりです。

おすすめポイント
・ハードでエッジの効いた音質
・ストロークによるバッキング向け

Ample Guitar TIII

AMPLE GUITAR T3というギター音源ソフトウェア

メーカー:AMPLE SOUND

こちらの製品もアコギの美味しいニュアンスを余すことなく出すことができます。(ピック弾きのみ対応。)

音質的には高域よりも中域に富んだ響きで、様々なシチュエーションに応じたミックスの融通が効くよう調整されています。

勢いよりも繊細さを伴う表現を得意としており、幅広いジャンルになじませやすいサウンドが特徴です。バンドル品(Ample Guitar 5 IN 1 ACOUSTIC BUNDLE)もオススメです。

おすすめポイント
・アコギの繊細さを求めるならコチラ
・幅広いジャンルに対応

おすすめナイロンギター音源

ナイロンギターは民族音楽でガットギターと呼ばれることでも有名ですし、クラシックギターとしても使われる楽器です。汎用性は低いですが、ここぞという時にあると便利です。

ここでは、ピンポイントで1点をご紹介します。

Ample Guitar LIII

AMPLE GUITAR L3というギター音源ソフトウェア

メーカー:AMPLE SOUND

ナイロン弦のクリアーなサウンドをとてもリアルに再現しています。

ピック弾きと指弾きの両方に対応しており、ナチュラルハーモニクスやプリング、ハンマリング奏法の鳴りはまさに生収録に迫るクオリティです。

ソロとバッキング、両方とも使い勝手の良い音源です。

ストロークのパターンを複数登録して、スイッチで切り替えられるのはとても便利ですね。

おすすめポイント
・ピック弾き、指弾きの両方に対応している
・とにかくリアル

おすすめエレキギター音源

エレキギターはアンプを通して歪ませたり、クリアートーンにしたり音色の加工のバリエーションに富むギターです。

カッティングで音楽にキレを出したり、歪ませて重厚感を付加することができ、アコースティックギターと同じくどのようなジャンルにもよく使われる汎用性が高い楽器です。

ここでは、3種類の音源をご紹介していきます。

Ample Guitar LPIII

AMPLE GUITAR LPというギター音源ソフトウェア

メーカー:AMPLE SOUND

レスポールギターサウンドを再現できる音源で、太いロック系のバッキングやリフ、またポップスにもなじませることができます。

アレンジの汎用性にも優れますし、ギターを主役にしたいときにも適しています。

おすすめポイント
・ロックからポップスまで幅広いジャンルに対応
・ギターソロなどメインでも使用可

V-METAL

V METALというギター音源ソフトウェア

メーカー:PROMINY

メタル系のギターを再現したいのであればこちらがオススメです。メタルならではの低音と、独特にブーストされた高音が重々しさを演出してくれます。

エフェクターで歪ませても他のエレキギターの音源では代用が難しいので、メタルを作るのであればこの音源で決まりでしょう。

おすすめポイント
・メタルを作るなら迷わずコレ
・重厚感ある歪み系とクリアトーンのアルペジオは絶品

SC Electric Guitar

SC ELECTRIC GUITARというギター音源ソフトウェア

メーカー:PROMINY

ストラトキャスターモデルのギターをモデリングした音源です。

シングル特有のスリムながらもコシのあるサウンドで、勢いをだすカッティングにはぴったりですね。バッキングだけではなくソロフレーズも作ることもできます。

特にソロはエディットでは、各奏法を上手く使えばかなりリアルに再現することができます。

ファンクやフュージョンサウンドを求めている方は、コチラの製品で決まりです。

おすすめポイント
・ストラトならではのキレのあるサウンド
・ソロもかなりリアルにエディットできる

エレキギター打ち込み時には歪み系エフェクターが必要

並べられたエフェクターとギター

注意しなければならないのが、他のギターと違ってエレキギターは別途エフェクターを導入する必要があることです。

DAWに歪み系のエフェクターが付属しているケースも多いです。

しかし、音の良し悪しに直結するので、ギターアンプシミュレーターとして売られている製品を必ず購入するようにしましょう。

順番にご紹介していきますね。

Guitar Rig

Guitar Rigというエフェクター

メーカー:Native Instruments

数多くのアンプや、エフェクターとの組み合わせから選択出来るようになっており、ジャンルの幅も広くて使いやすいプラグインです。

色々なジャンルの音楽を作っていきたい方はコチラのプラグインを持っておくのが良いです。

お気に入りのセッティングも整理できるようになっており、かなり認知度が高く、ギター初心者にはも使いやすい製品です。

GTR3

GTR3というエフェクター

メーカー:WAVES

設定セクションが4つに分かれているのが特徴で、カスタマイズ性がGuitar Rigより高い印象です。

初心者でも比較的使いやすい設計です。

アンプの前後にエフェクターを再配置することが容易にできる点は便利で、空間系エフェクターをアンプの後ろに設置したいというときは私も重宝しています。

ひと通りのタイプのアンプとエフェクターが入っているので、幅広いジャンル対応が可能です。

BIAS AMP 2 Professional

BIAS AMP2というエフェクター

メーカー:Positive Grid

アンプ内部のカスタマイズなど細かく設定が行える分、独自性の高いサウンドも作れますしプリセットの音色も品質が高い印象です。

今回ご紹介するエフェクターの中では、私は一番使う機会の多いエフェクターです。

細かく設定が行うことができる分ギター初心者には少々ハードルが高く感じられる部分もありますが、音質を追求するのであれば、迷わずコチラのプラグインを導入しましょう。

バンドルは3種類ありますが、真ん中のProfessinalがアンプの種類も充実しており、導入しやすいのでオススメです。

DTMでギターを制すれば品質が爆上がりになる

ステージでライトに照らされるギタリスト

ギターは、使われている音楽ジャンルは余りないのでは、と思うくらい幅広く使われている楽器です。

ギターの品質次第で楽曲の質を格段に引き上げることができますし、逆にギターの質が低ければとたんに楽曲全体に打ち込みテイストが強く出てしまう傾向があると筆者は感じます。

世に出ている楽曲では使用頻度が高い楽器だけあって、極端に曲全体の印象を左右してしまうんですよね。

ですので、ギターパートを生演奏にしないのであれば、音源には絶対こだわった方が吉というワケです。