DTM FUN LIFE Written by nobsin

DTMに最適な部屋のレイアウトの決め方【作業効率が爆上がりです】

HOW TO

DTMをするようになってから、キーボードや機材の配置を改善できないか、考えるようになりました。スピーカーの位置についても、迷っています。

DTMの作業に適した、部屋のレイアウト。
機能性、快適性を両立させたいところですよね。

本記事では、DTMに適したレイアウトの決め方を、解説していきます。

筆者について
筆者のDTM歴は20年ほど。
今はシンプルで機能的なレイアウトが、居心地が良いです。

本記事を読んでわかること
DTM部屋のレイアウトの決め方

レイアウトは部屋の居心地に直結する、大切な部分。
作業がはかどる、快適なレイアウトをつくっていきましょう。

DTM部屋のレイアウトを決める前に、確認すること

エクスクラメーションマークが描かれた木製のブロック

DTM部屋向けのレイアウトを検討する前に、以下をまず確認。

  • コンセントの位置
  • エアコンの位置

細かいことですけど、結構大切。
順番に説明しますね。

コンセントの位置

レイアウトを考える前に、まず部屋のコンセントの位置を確認します。

電源がないと始まりません。
何よりも先に、電源の確認します。

どうしても、コンセントの位置から離したい場合。
電源タップのコードを壁にはわせ、配線カバー(モール)を取り付けると美しいです。

弱粘性の両面テープを使うと、元どおりキレイにはがせます。

エアコンの位置

エアコンの位置を確認する理由は、2つ。

・風の直撃をふせぐ
・メンテナンス時の対策

エアコンの風が常に直撃しても問題なしならOK。
でも、念のため把握しておきたい所。

一番やっかいなのは、エアコンの真下にデスクを置くパターン。エアコンのトラブル、メンテナンス時にデスクの移動を、せまられる時があります。

そうなると、配線を一度はずす必要がでてきます。
なので、エアコンの真下は避けるのが無難。

DTMに最適な部屋のレイアウトの決め方【作業効率が爆上がりです】

上から見た精巧な部屋の間取り模型

以下の順番で、レイアウトを決めていくとスムーズです。

  • ①デスク
  • ②ディスプレイ
  • ③モニタースピーカー
  • ④ラック
  • ⑤キーボード類
  • ⑥パソコン

順番に、解説しますね。

①デスク

デスクの位置を最初に決めましょう。
デスクとスピーカーの位置が決まると、あとがラクです。

以下のようにデスクを配置しましょう。

  • 左右の壁との距離を、均等に
  • 距離が長い方の壁を、縦に

デスクは、左右の壁との距離が均等になる場所がベスト。
左右で距離が違うと、音の反射のバランスの影響で、定位感が不安定になります。

DTM作業部屋のデスク配置の説明図

片側だけ低域が強めにでたり、曲全体の定位感がズレたり。
左右均等にすることで、モニターの精度は上がります。

部屋が長方形なら、距離の長い壁に対し、直角にデスクを配置するのがベスト。
後方の壁までの距離が長くなるので、音の反射が軽減されます。

DTM作業部屋のデスクの置き場所の解説図

以下のような、優先度にするのがおすすめ。

垂直方向の壁 < 水平方向の壁

妥協がどうしても必要になったら、横の壁とスピーカーの距離を優先して下さい。
影響が大きい部分ですので。

「精度を求めるなら、部屋にモニタースピーカー置くの微妙」って声もあるかもです。
部屋に設置するのは、完璧な精度を求めるんじゃなく、精度を上げるため。
ですが、音の反射がキツいなら吸音材を貼るなり、といった対策は必要になりますね。

②ディスプレイ

ん、先にディスプレイ?って思われるかもです。
モニタースピーカーを配置するのに、イメージがつかみやすくなります。

ディスプレイの位置が決まると、リスニングポイント(音を聴く絶好の場所)も決まる、という流れです。

ここは迷わず、デスクの中央に置けばOK。
中央からズラすなら、その距離の分だけ反対方向にデスクごと移動。

DTM部屋にディスプレイの位置をデスクの中央からずらして置いた場合の配置説明図

次に設置するモニタースピーカーと、壁の距離を保つためです。

③モニタースピーカー

デスクの場所が決まれば、モニタースピーカーの場所は確定。
ディスプレイの横に配置していきましょう。

以下になるよう、配置します。

  • 設置点と自分を結ぶと正三角形
  • 耳の高さ

スピーカーの場所と、自分の場所を線で結んで、正三角形になるように設置します。
あと、高さは座った自分の耳の高さになるよう、調整しましょう。

スピーカーと自分の最適な位置関係を説明した図

厳密に言えば、スピーカー後方と壁との距離も、気する必要はあります。
ですが、通常の部屋ならスペースは取りにくいと思うので、反射が気になるなら吸音材で対処します。

④ラック

ラックがある場合は、デスクの真横が便利。
スペース的に無理なら、壁づたいに後方へ置きましょう。

機材をさわる人なら、やや不便かもです。
ですが、ここは環境面を優先するのがおすすめ。

後方に置きながらも、自分の向きにラックを向けると使いやすいです。

⑤キーボード類

デスクの上に置くもの、一式です。

・MIDIキーボード
・PCのキーボード
・ボリュームコントローラー
・トラックボールやマウスなど

ディスプレイ側から、MIDIキーボード、PCキーボード類を置くと作業しやすいです。PCキーボードより鍵盤を多くさわる、という人は、逆の配置ももちろんアリ。

その場合は、PCキーボードがさわりやすい高さになるよう、下に台を置きましょう。

MIDIキーボードはデスクの上に置くのが、おすすめ。
弾くたびに横向くの、しんどいです。

⑥パソコン

デスクトップパソコンなら、デスクの下が無難です。
やや足元が狭くなるのが、難点。

ですが、いざさわる時の絶妙な距離感は保った方が、良いかと。
とくに電源のオンオフなど。

ノートパソコンなら、ディスプレイを別途買うのが、おすすすめです。
場所的に融通が効きやすいので、都合の良い場所からHDMIなりで引っ張ってくると、スマートな配置になります。

DTM部屋のレイアウトをシミュレーションするアプリ紹介

自宅の部屋でヘッドフォンをしながら音楽のことを考える男性

部屋のレイアウトをシミュレーションできる、便利なアプリをご紹介します。
最低限の機能だけ使えば、どれも無料。

ものを動かす前に、雰囲気を知りたい。
こんな方に、おすすめ。

  • SEMPRE Interior 3D Simulator
  • ルームプランナー
  • Roomle 3D & AR

部屋に3Dモデルを置きながら、雰囲気を知るためのアプリです。
残念ながら、DTM機材のシミュレートはできません。

似た3Dモデルを選びつつ、テーブルとチェアだけ置いてみる。
それだけでも、雰囲気はつかみやすいですよ。

SEMPRE Interior 3D Simulator

PC上のWebブラウザ、iPadに対応。

自宅の間取りを簡単に再現でき、あらかじめ用意された3Dモデルを配置。家具のサイズや色は自由に変更できるので、似た形のモデルを置いて雰囲気を確認できます。
(→メーカー公式サイトはこちら)

ルームプランナー

iOSとAndroidに対応。

大手家具メーカーで、実際に売られている家具が3Dモデルとして入ってます。
もし買いたい家具があれば、リアルにシミュレーションできちゃいます。
(→メーカー公式サイトはこちら)

Roomle 3D & AR

iOSに対応。

壁の形状を指でなぞり、部屋を簡単自由に作れてしまいます。約200種類のオシャレな家具が3Dモデルとして入っているので、自分の部屋の家具に似たものが見つかるはず。
(→メーカー公式サイトはこちら)

「DTMに最適な部屋のレイアウトの決め方」まとめ

ソファの上でノートパソコンを見ながらクラシックギターを弾く女の子

本記事のおさらいです。
部屋のレイアウトを考える前に、以下を確認する。

  • コンセントの位置
  • スピーカースタンドの要不要

以下の順番で、レイアウトを考えるとスムーズに決まります。

  • ①デスク
  • ②ディスプレイ
  • ③モニタースピーカー
  • ④ラック
  • ⑤キーボード類
  • ⑥パソコン

部屋のレイアウトをシミュレーションできる、便利なアプリがあります。
事前に、雰囲気をつかむのに便利。

DTM部屋って、一度レイアウト決めると機材動かすの面倒ですよね・・。
できれば、もう変えたくない、みたいな。orz

でも部屋の雰囲気がかわると、めちゃ新鮮な気持ちで、作業できるんですよね。
皆さんも是非”作業がはかどる空間づくり”、お試しくださいませ!