これで解決!DTM初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策 | DTM FUN LIFE              

【DTM】初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策

HOW TO THOUGHT

燃え尽きて固まった男性

ミックスに悩める人「良い曲が作れても、ミックスが上手くいかずヤル気が出ません。

この負のループから抜け出す方法を教えてください・・。」

出音が決まるミックス作業が苦手で、曲作りに集中できない・・。
そうお悩みではありませんか?

本記事を読めば、この負のループから抜けるキッカケをつかめます。

本記事の信頼性
筆者はDTM歴20年以上、皆さんと同じ悩みを経験済み。
わかりやすい解説を心がけます。

本記事を読んでわかること
・DTM初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策
・ミックスに必要なエフェクター

ミックスは初心者が難しく感じる作業の中の1つ。
本記事をサクっと読んで、実際に手を動かしみましょう!

もくじ
1. 【DTM】初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策
 1-1. ミックスを難しいと感じる原因
 1-2. 初心者向けのミックス対策
2. DTMのミックスで必須になるエフェクターを紹介
 2-1. イコライザー
 2-2. コンプレッサー
 2-3. リミッター
3. ミックスは最初は難しいがコツをつかめば必ずできる

【DTM】初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策

机の上に置かれたDTMの機材

ミックスが難しくていき詰まる・・、だから作曲に身が入らない。
この気持ち、本当に良くわかります。

この思考になってしまう原因と対策について、解説します。

ミックスを難しいと感じる原因

初心者がミックスを難しいと感じる原因は、以下のとおり。

  • エフェクターの数に翻弄されている
  • 完成形が見えていない

順番に解説します。

エフェクターの数に翻弄されている

エフェクターの数に振り回されてしまう方は非常に多いようです。

DAWに付属しているエフェクターだけでも、結構な種類がありますよね。
最初はこの数に圧倒されるはず・・。以下のように感じる方も多いのでは。

・たくさん使えれば良い音になる
・全部使いこなせるようにならねば

DAWに付属するエフェクターは種類も豊富で、別で購入しなくても済んじゃいます。
ですが、全てのエフェクターは必ずしも使う必要はナシです。

DAW付属のエフェクターが多い理由
・DAWは作曲以外でも使われる
・他社ソフトとの競争の結果

DAWは作曲以外でも使われるソフト。
用途は色々で効果音も作れるし、MAもできる。サラウンドミックスもできますよね。

DAWは柔軟に対応できるよう作られています。
他社ソフトとの競争という大人の事情もアリつつ、という感じですね。

全てのエフェクターを使いこなす必要はありません。3種類程度でミックスできてしまう場合も全然ありますよ。

完成形が見えていない

モノ作りをする時って、完成図を想像しますよね。
ミックスも同じで、何となく進めても良いことはありません。

完成形を見失わない為の対策
リファレンス曲を決めましょう

リファレンス曲はミックスの見本にする既存曲のこと。
比較を常に行いながら、方向性を近づけるイメージです。

リファレンス比較の際の注意点は、以下。
・同じジャンルの曲にすること
・音圧が高いのでボリュームを下げる

当たり前なのですが、EDMを作るのにハードロックをリファレンスにするのはダメです。同じジャンル、方向性のリファレンスを選びましょう。

あと、既存曲はマスタリングされているので、いきなりピッタリ似せるのは無理です。
音圧も高いので、音量は十分に下げておくのも忘れずに。

初心者向けのミックス対策

ミックスを難しくさせる原因の対策を行っていきましょう。対策は以下。

  • まずはボリュームとPANだけで調整
  • パラメータを触るときは意図を確認

順番に説明していきますね。

まずはボリュームとPANだけで調整

最初からエフェクターを挿入しまくるのはNG。 まずはフェーダーとPANだけでイメージを近づけていきます。迷走しないポイントは以下。

非加工レベルで出来ることをまず、やっておく

加工せずに済むなら、それに越したことはないです。

あと、必要なければエフェクターを刺さない選択肢ももちろんアリです。
「何らか必ず刺さなきゃいけない」じゃなくて「必要だからやる」、ここ大切です。

パラメータを触るときは意図を確認

エフェクターによってはパラメーターがめちゃ多いですよね。
触る際は、都度以下を意識すると良いです。

何の為にさわるのか、結果効果があったか?
効果なければ設定を戻す。

作業に慣れすぎて時短できるようになれば良いですが、そうでなければ一つ一つの動作の意味を確認しつつ、進めましょう。

意図通りの調整なら、経緯を踏まえているので後々修正もスムーズにできるはず。

意図が曖昧のまま進めてしまうと、修正の難易度が上がります。最初からやり直した方が早い、なんてことになってしまいます。

ですので、都度意図と結果を確認し、効果なければ設定を戻しましょう。

DTMのミックスで必須になるエフェクターを紹介

全てフェーダーが0に揃えられた灰色のミキサー

どのジャンルでも、以下のエフェクターは使用頻度高し。

  • イコライザー
  • コンプレッサー
  • リミッター

順番にご紹介していきますね。

イコライザー

fabfilter社のProQ3というイコライザー

周波数帯域ごとに音の出力レベルをブースト、カットし調整をおこなうエフェクターです。

参考イコライザーについて詳しく解説している記事がありますので、ご参考にどうぞ。

コンプレッサー

コンプレッサーというエフェクター

音の圧縮処理をするエフェクターです。音のピークをおさえ全体の出力を上げたり、音色の色付けをする目的でも使用されます。

参考コンプレッサーについて詳しく解説している記事があります。宜しければ、ご覧ください。

リミッター

リミッターというエフェクター

スレッショルド値を超える音を圧縮し音の密度を上げ、出力を増幅させるエフェクターです。

コンプレッサーとパラメータは似ていますが、リミッターには圧縮率(レシオ)がありません。スレッショルド値を下げると音が圧縮され、出力が大きくなります。

マスタートラックに挿入し、最終出力の調整をおこなう際によく使用されますが、かけすぎるとダイナミクスが失われ、音割れしやすくなるので注意。

ミックスは最初は難しいがコツは必ずつかめる

マイクがセッティングされた音楽制作環境

ミックスって作曲とは一見全然ちがう作業に思えるかもしれません。
なのでミックスに嫌気がさしてしまう人も多い。

でもこれって本当にもったいないです。作曲は覚えることが多くてマニュアル化が難しかったりしますが、ミックスは「作業」です。

本記事のハイライトをまとめてみました。

ミックスに難アリと感じたら
・使うエフェクターを最低限にしぼる
・適切なリファレンス選定をする
・まずはフェーダーとPANのみで調整
・エフェクターを使う意図と結果を把握

各エフェクターの使い方詳細はリンクから確認してみて下さい。
それでも難しかったらまずはドラム、ベース、コードなど、少ないトラックから初めてみるのがおすすめです。