これで解決!DTM初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策 | DTM FUN LIFE              

これで解決!DTM初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策

HOW TO THOUGHT

燃え尽きて固まった男性

ミックスに悩める人「どんなに満足のいく曲が作れても、結局仕上げのミックスで行き詰まるのでまったくヤル気が出ません。

この負のループから抜け出す方法を教えてくれませんか。」

ミックスがうまくいかないことが原因で、曲作りに集中できない・・。そんなお悩みをお持ちではありませんか?

本記事を読むことで、ミックスに関する悩みがすべて解決します!

本記事の信頼性
本記事の筆者はDTM歴20年程になりますが、初心者の頃はミックスに悩んだ時期が長くありました。

初心者が難しく感じる作業の中の1つですが、わかりやすく説明していくのですぐに実践に移すことができます。

本記事を読んでわかること
・DTM初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策
・ミックスに必要なエフェクター

さっそくミックスを改善して、曲をさらに聞きやすくしていきましょう!

もくじ
1. DTM初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策
 1-1. ミックスが難しいと感じる原因
 1-2. 初心者向けのミックス対策
2. DTMのミックスで必須になるエフェクターを紹介
 2-1. イコライザー
 2-2. コンプレッサー
 2-3. リミッター
3. ミックスは最初は難しいがコツをつかめば必ずできる

DTM初心者がミックスを難しいと感じる原因と対策

机の上に置かれたDTMの機材

ミックスが難しくて行き詰まるので作曲に身が入らない、というのは初心者がよく陥りやすい事です。

このようになってしまう原因と対策について、説明していきます。

ミックスが難しいと感じる原因

初心者がミックスを難しいと感じてしまう原因は、以下です。

  • 必要なエフェクターを絞り込めていない
  • 目標とするミックスが定まってない

これらの原因について具体的に説明していきますね。

必要なエフェクターを絞り込めていない

DAWに付属されているエフェクタープラグインだけでも種類が多く利便性に富む反面、次のように思ってしまう初心者は多いです。

・たくさん使えば良い音になる
・たくさんのエフェクターを使いこなさなくてはダメだ

実際、私も初心者の頃はそうでした。

DAW側は色々なジャンルやミックスの手法に対応できるように、エフェクターを用意してくれているワケですが・・・、

全てのエフェクターがあなたにとって必須なエフェクターではないのです。

ですので、こういった概念は捨て去るようにしましょう。

ここをおさえないと、私の初心者の頃のようにトライ&エラーという名の半永久ループにハマってしまうことになります。

「良いミックス」を理解していない

もう一つの原因として、「良いミックス」を理解できていないことが挙げられます。

「良いミックス」とは、全帯域で音の飽和を避けてバランスよく調整されているミックス、のことを言います。

初心者が陥りやすい罠は、は以下です。

・イコライザーで帯域をブーストしまくる

イコライザーで帯域をブーストすると音が一見良い感じに目立つようになるので、ブーストに頼りがちになります。

トラック単体ではなく、常に全体のバランスを考え帯域をゆずり合いながら微調整を繰り返すことが必須です。

初心者向けのミックス対策

ミックスを難しいと感じる原因を踏まえた上で、それらの対策を行っていきましょう。

対策は以下になります。

  • リファレンス曲を決めよう
  • パラメータを触るときは意図を確認

順番に説明していきますね。

リファレンス曲を決めよう

目標とするリファレンス曲を決めておきましょう。

自分の作る曲と同じジャンル、好きなアーティストの曲でOKなので、ミックス作業をしながら常に確認することで迷走を防ぐことができます。

パラメータを触るときは意図を確認

エフェクターによってはパラメーターが多いものもあり、余計に数値を変えてしまいがちです。

必須になる各エフェクターのパラメータを今一度理解し、「このパラメータを触る目的は〇〇」という風に自分の中で一つ一つ確認しながら作業をすると良いです。

目的を常にハッキリさせることで、再調整の際にスムーズに作業をやり直すことができます。

DTMのミックスで必須になるエフェクターを紹介

全てフェーダーが0に揃えられた灰色のミキサー

どのジャンルを制作するにしろ、必須となるエフェクターは以下の3つです。

  • イコライザー
  • コンプレッサー
  • リミッター

どうでしょう、思ったよりは少なかったでしょうか。

必要に応じてこれらエフェクターを加えることはありますが、基本的にはこれらが必須のエフェクターだと覚えておきましょう。

順番にご紹介していきますね。

イコライザー

イコライザーというエフェクター

周波数帯域ごとに音の出力レベルをブースト、またはカットし調整をおこなうエフェクターです。

参考イコライザーについて詳しく解説している記事がありますので、ご参考にして下さい。

コンプレッサー

コンプレッサーというエフェクター

音の圧縮をおこなうエフェクターです。音のピークをおさえて全体の出力を上げたり、音色の色付けをする目的でも使用されます。

参考コンプレッサーについて詳しく解説している記事がありますので、ご参考にして下さい。

リミッター

リミッターというエフェクター

スレッショルド値を超える音を圧縮し音の密度を上げ、出力を増幅させるエフェクターです。

コンプレッサーとパラメータは似ていますが、リミッターには圧縮率(レシオ)がありません。

スレッショルド値を下げると圧縮され、音量が大きくなります。

マスタートラックに挿入し、最終出力の調整をおこなう際によく使用されますが、かけすぎるとダイナミクスが失われ音割れも発生するので注意しましょう。

ミックスは最初は難しいがコツをつかめば必ずできる

マイクがセッティングされた音楽制作環境

ミックスはDTM初心者にとって、鬼門の一つになりやすい作業です。

エフェクターの種類やパラメータの組み合わせは星の数ほどあり、中には有償のプラグインでなければうまくいかないと思い込む人もいるでしょう。

私も初心者当時、その中の一人でした。

ミックス作業は曲制作とは異なり、使うソフトや工程が決まりきっていますので、ミックス作業よりも曲制作に時間を費やすべきであると筆者は感じます。

その方が楽曲としての完成度は高くなるハズです。

本記事を通して、ミックスが難しいと感じる原因と対策、また必須になるエフェクターをお伝えできたことにより、当時の私のように曲制作よりもミックスの模索に時間を費やすことがなくなる方が一人でも減ることを願っています。