DTM向けモニタースピーカーおすすめ11選【プロが推薦します】 | DTM FUN LIFE              

DTM向けモニタースピーカーおすすめ11選【プロが推薦します】

RECOMMEND

青いTシャツを着た活発そうな男性

DTM初心者「DTM向けのモニタースピーカーのおすすめを知りたいです。

最新の製品で使いやすいものを教えて下さい。」

モニタースピーカーを選定したいけど、種類が多くてどれを買えば良いか、悩んでいませんか?

本記事を読むことで、最新のモニタースピーカーの中で注目の製品について知ることができます!

本記事の信頼性
筆者はDTM歴が20年程になりますが、モニタースピーカー選定は何度も経験済みですので、本記事は参考になるはずです。

価格帯も広くなるよう選定していますので、本記事から自分に合ったモニタースピーカーを選ぶことができます。

本記事を読んでわかること
・激選された最新のおすすめモニタースピーカー11選
・モニタースピーカーを選ぶ際のポイント

本記事を読んで、後悔のない自分に最適なモニタースピーカーを選んでいきましょう!

もくじ
1. DTM向けモニタースピーカーおすすめ11選
2. DTM向けおすすめモニタースピーカー選定のポイント
 2-1. アンプの仕様
 2-2. 出力数
 2-3. エンクロージャーの仕様
 2-4. サイズ
3. DTM作業にはモニタースピーカーが不可欠

DTM向けモニタースピーカーおすすめ11選

フローロングの床に置かれたシルバーの片方のスピーカー

筆者が激選した、最新のモニタースピーカー11製品をご紹介していきます。

それでは、早速いってみましょう!

VL-S3

TASCAM社のモニタースピーカー

 
メーカー TASCAM
周波数特性 80〜22kHz
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 14W+14W
サイズ 110(w)x170(H)x138(D)

おすすめポイント
・コンパクトな設計
・コンパクトながら出力レンジは広め

80〜22kHzと広い周波数特性を備えながらも、横幅110mmとコンパクトに設計されています。

コンパクト性に優れた本製品は、サイズが控えめなオーディオインターフェースやノートパソコンと併用するとレイアウトの観点からも非常に相性が良いです。

自宅で作業をする上では14W+14Wという申し分ない出力が可能で、ボリュームを低めに設定してもバランスを崩すことなくモニターをすることができます。

ELEVATE3 MKII

ALESIS社のモニタースピーカー

 
メーカー Alesis
周波数特性 80〜20kHz
エンクロージャー 密閉型
アンプ仕様 アクティブ
出力 10W+10W(ピーク時60W)
サイズ 127(w)x190(H)x163(D)

おすすめポイント
・クリーンでハイファイな出音
・ゲームや携帯デバイスと相性が良い

迫力がありながらクリーンでハイファイな出音が特徴で、高域用と低域用の2つに専用ドライバが別々に採用されています。

また、防磁シールドによりパソコンや携帯デバイスと併用しても影響を受けにくいため、ノイズが生じにくい設計になっています。

低域を補正するためのBassブーストスイッチ、他の機材へ出力可能なステレオアウト端子を搭載しています。

DTM作業だけでなく、ゲームや携帯音楽プレイヤーとつないで楽しみたいという方にはおすすめの製品です。

PM0.3H

FOSTEX社のモニタースピーカー

 
メーカー FOSTEX
周波数特性 110〜40kHz<
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 15W+15W
サイズ 110(w)x170(H)x138(D)

おすすめポイント
・ハイレゾ対応
・コンパクトながらも高音質

ハイレゾに対応した高音質なアクティブスピーカーです。

コンパクトなサイズでありながらフラットな出力でしっかりとモニターをすることができ、コストパフォーマンスにも優れているので特に初心者には最適です。

サイズ感とは相反し、低音もしっかり聴こえるのは頼もしいですね。

コンパクト、かつ高音質なスピーカーを探している方はこの製品で決まりです。

CR3

MAKKIE社のモニタースピーカー

 
メーカー MACKIE
周波数特性 80〜20kHz<
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 50W
サイズ 140(w)x208(H)x158(D))

おすすめポイント
・フロントに2種類の接続端子を装備
・スタジオモニター同等の品質

パーツや部品もこだわり抜いて制作されており、スタジオモニターの同等のクオリティを求める方にはピッタリの製品です。

緑のラインのデザインが特徴的で、スマートフォンなど携帯デバイスから接続するための端子が前面に設けられており、趣味から実務レベルまで幅広く使用いただけます。

ヘッドフォン端子、ボリュームノブも備わっており、モニタースピーカーとして非常に使い勝手がよくなるよう配慮された製品です。

Eris E3.5

Presonus社のモニタースピーカー

 
メーカー PRESONUS
周波数特性 80〜20kHz
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 25W
サイズ 141(w)x210(H)x162(D)

おすすめポイント
・低域と高域の出力を調整可能
・3種類のオーディオ入力端子がある

スピーカー背面の低域と高域、それぞれ独立したコントロールノブで出音の調整が可能で、25Wのパワーアンプを搭載しています。

3種類のオーディオ入力端子が備わっており、スマートフォンやオーディオインターフェース等の再生媒体から簡単にモニターすることができます。

フロントにはステレオミニ端子やボリュームを調整するノブがあり、気軽にイヤホンなど接続して使用できるのは便利ですね。

MSP3

YAMAHA社のMSP3という名前のモニタースピーカー

 
メーカー YAMAHA
周波数特性 65〜22kHz
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 20W
サイズ 144(w)x236(H)x167(D)

おすすめポイント
・ホームスタジオには十分な品質
・入力端子、操作端子が豊富

モニタースピーカー導入用としては、定番のYAHAMA製スピーカーです。

20Wの出力が可能で、ホームスタジオに使用するには十分のパワーアンプが搭載されています。

導入しやすい価格と妥協できない品質、両者のバランスが見事に保たれており、操作端子や入力端子が豊富な点も魅力です。

モニタースピーカーの導入が初めて、でもモニターにはこだわりたい方はコチラの製品がオススメです。

HS5

YAMAHA社のHS5という名前のモニタースピーカー

 
メーカー YAMAHA
周波数特性 54〜30kHz
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 LF45W+HF25W
サイズ 170(w)x285(H)x222(D)

おすすめポイント
・フラットな音質でモニターしたい方に最適
・モニタースピーカー定番中の定番

クリアーかつフラットな特性でモニターをすることができ、最大出力70Wと余裕のあるパワーアンプが内蔵されたYAHAMAの定番モニタースピーカーです。

余計な共振を極力防ようエンクロージャーは設計されており、原音を忠実にモニターできる精度を実現しています。

ウーファー部分は高耐入力とレスポンスに優れ、また高域は30kHzまで出力できるよう設計されており、高品質なモニター環境を提供します。

フラットなモニター環境を重視する方には、この製品をオススメします。

iLoud Micro Monitor

IK Multimedia社のモニタースピーカー

 
メーカー IK Multimedia
周波数特性 45〜25kHz
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 50W
サイズ 90(w)x180(H)x135(D)

おすすめポイント
・リファレンス向けの製品の中では最小クラス
・色付けのないフラットな出音が特徴

リファレンス用のモニタースピーカーながら、最小クラスのコンパクト設計を実現した製品で、色付けのない音でモニターをすることができます。

Bluetooth接続が可能で、ステレオミニ端子やRCA端子と入力端子も充実しています。

底面に標準装備されたスタンドで角度の調整が可能で、高域や低域を補正できるスイッチも搭載。

また、デスクトップ環境で音の干渉を防ぐスイッチも備わっており、最適なサウンドの調整を行うことができます。

本製品は精度の高いモニター環境と、省スペース化を併せて実現しています。

8010APM

GENELEC社のモニタースピーカー

 
メーカー GENELEC
周波数特性 74〜20kHz
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 高域25W+低域25W
サイズ 121(w)x181(H)x140(D)

おすすめポイント
・シリーズ最小モデルでも高出力を実現
・スタジオモニタースピーカーの定番

プロフェッショナル向けスタジオモニタースピーカーの定番製品です。

GENELEC8000シリーズの中での最小モデルながら、高効率Dクラスアンプを搭載し高い出力が可能になっています。

ボディから底面に標準装備のスタンドに至るまで、丸みを帯びたデザインが特徴的。GENELEC独自の技術により忠実かつ正確なモニターサウンドを提供します。

低域から高域まで”しっかりと”モニターすることができるプロ定番のモニタースピーカーです。

初心者でもDTMを長く続けていきたい方、高解像度のモニター環境をまず整えてみるのもアリだと思います。

SC203

EVE AUDIO社のモニタースピーカー

 
メーカー EVE AUDIO
周波数特性 62〜21kHz
エンクロージャー 密閉型
アンプ仕様 アクティブ
出力 ウーファー30W、ツイーター30W
サイズ 116(w)x190(H)x134(D)

おすすめポイント
・サブウーファー追加搭載で2.1chに
・コンパクトでも標準で低域62Hzまで出力可能

サブウーファーを追加搭載すれば2.1chへ対応可能で、背面に設けられたパッシブラジエーターにより、コンパクトながらもサブウーファー未使用で低域62Hzまで出力可能です。

WindowsマシンやMacにデジタル接続し、96kHzの高音質で再生することが可能。ゲームも高音質で楽しめます。

ゲームユーザーからDTMユーザーまで幅広くお使いいただけるモニタースピーカーです。

A3X

ADAM AUDIO社のモニタースピーカー

 
メーカー ADAM AUDIO
周波数特性 60〜50kHz
エンクロージャー バスレフ型
アンプ仕様 アクティブ
出力 25W+25W
サイズ 150(w)x252(H)x185(D)

おすすめポイント
・X-ARTツイーターによる透明感のあるサウンド
・軽量でありながら高い耐久性

ADAM AUDIOが制作したモニタースピーカーの中で最小サイズとされている製品で、X-ARTツイーターにより実現した透明感のあるサウンドは、世界中で高い評価を得ています。

カーボンファイバーで設計されたダイアグラムにより、軽量であるにも関わらず高い耐久性を兼ね備えています。

搭載された2機の25Wパワーアンプにより高出力を実現しており、フラットで色付けのないモニター環境を手に入れることができます。

繊細なニュアンスまでモニターすることができる、コストパフォーマンスに優れた製品です。

DTM向けおすすめモニタースピーカー選定のポイント

水色の背景に描かれたモニタースピーカーのイラスト

モニタースピーカーを選定する時に、おさえるべきポイントは以下の4つです。

  • アンプの仕様
  • 出力数
  • エンクロージャーの仕様
  • サイズ

順番に解説していきますね。

アンプの仕様

モニタースピーカーにはアンプ内蔵型と別途アンプの購入が必要なタイプにわかれます。

それぞれ、以下のように呼びます。

アクティブスピーカー
  →アンプ内蔵型
パッシブスピーカー
  →アンプが付いていない

パッシブタイプのものは、スピーカーの出力に合わせてアンプを別途購入しなければならず、またアンプとの相性の良し悪しも出てくるため、初心者にはアクティブタイプがおすすめです。

アクティブタイプの製品をまずは使ってみて、それからパッシブタイプも検討するというのも1つの方法ですね。

アクティブタイプは電源を入れればすぐに使用できるので、使いやすさにも長けています。

出力数

出力数が大きければ大きい程、音量を大きく鳴らすことができることを意味します。

ですが、以下の点に注意して選ぶようにしましょう。

部屋で出せる音量に合った出力数を選定

理由は、出力数が大きいモニタースピーカーを買ったのにそれに対して極端に少ない出力数で使用すると、スピーカーの最良な鳴りで使用できないからです。

コスト面でも、もったいないですよね。

エンクロージャーの仕様

スピーカーの外側の部分をエンクロージャーと呼びますが、バスレフ型と密閉型にわかれます。

それぞれの仕様は、以下のようになります。

バスレフ型
  →ダクトが設けられ低音に響が豊か
密閉型
  →ダクトがなくバスレフ型よりフラットな特性

ダクトとは、低域を響かせるために設けられた穴のことをいいます。

ダクトが無い代わりにコンパクトな設計が可能になりますし、モニタースピーカーの質を追求するのであればバスレフ型になるでしょう。

設計上、モニタースピーカーのサイズにも直結する部分でもあるので、モバイル性が必要か否かという点で考えてみても良いですね。

サイズ

特に、作業デスクの上におくか否かでサイズの都合は大きく変わってきますよね。

スピーカーの大きさに音の良さが比例するワケではありませんので、それぞれの製品の特徴が自分の作業や用途に合っているのかどうかを見極めるようにすると良いです。

デスクの上に設けるのであれば、スピーカースタンドを使うのか否かでもスペースに必要なサイズが変わってきますので、綿密に検討しましょう。

DTM作業にはモニタースピーカーが不可欠

緑色の背景の上に描かれたスピーカーのイラスト

モニタースピーカーがなくても、ヘッドホンのみで音楽制作をすることはできます。

しかしながら、モニタースピーカーで確認しなければ拾えない音があるワケでして、左右のスピーカーから音を干渉させた状態での確認はやはり必須になってきます。

意図しない音の鳴り方をしていることに気づかないまま、他の人に音楽を聴いてもらうというのもコワい話ですよね。

音楽の腕をみがきつつ、モニター環境を整えてミックスの質もあげれば鬼に金棒です。