作曲のアイデアが浮かばない時の解決方法【20年間これで継続できた】 | DTM FUN LIFE              

作曲のアイデアが浮かばない時の解決方法【20年間助けられた】

HOW TO

頭に手を当てて思い悩んでいる男性

作曲に行き詰まっている人「作曲のアイデアが全く出なくなってしまいました。

作っても、既存曲とどうしても似たような曲ができてしまいます。

こういう時の解決策を教えて下さい。」

急に作曲のアイデアが出てこなくなってしまった・・、そんな経験ありませんか?

本記事では、ネタが出てこなくなってしまった時に使える実践的な対策をご紹介していきます。

本記事の信頼性
筆者は作曲実務歴20年ほど。
ネタ切れ対策は常に要求される職種ですので、本記事は参考になるはずです。

本記事を読んでわかること
・作曲のアイデアが浮かばないときの解決策
・作曲のアイデアが浮かばなくなる原因

対策をしておけば、アイデア枯渇の不安はかなり和らぎますよ。

もくじ
1. 作曲のアイデアが浮かばない時の解決方法
 1-1. アレンジを詰め作曲を進める
 1-2. 参考音源からアイデアを収集
 1-3. リズムと音程を切り離す
 1-4. 音楽配信アプリで試聴しまくる
 1-5. 既存曲のコード進行を分析する
 1-6. イヤホン出力で知らない曲を聴く
 1-7. 得意な楽器以外で作曲してみる
2. 慢性的に作曲のアイデアが浮かばない時は
3. アイデアが偏るのは既存曲の影響
4. 作曲のアイデアは不断の情報収集から生まれる

作曲のアイデアが浮かばない時の解決方法

グレーの背景に並べられた金色の音符

作曲のアイデアが思い付かなくなった時、以下の3つを実践してみましょう。

① アレンジを詰め作曲を進める
② 参考音源から最低限の情報に絞る
③ リズムと音程を切り離す
④ 音楽配信アプリで視聴しまくる
⑤ 既存曲のコード進行を分析する
⑥ イヤホン出力で知らない曲を聴く
⑦ 得意な楽器以外で作曲してみる

これらの方法は、それぞれ以下のような場合に分けて使います。

① >アレンジを詰め作曲を進める
  → メロディが浮かばない場合
② 参考音源からアイデアを収集
  → ジャンルだけ決まっている場合
③ リズムと音程を切り離して作曲
  → メロディが既存曲と似てしまう場合
④ 音楽配信アプリで視聴しまくる
  → とにかく何も浮かばない場合
⑤ 既存曲のコード進行を分析する
  → 曲調がマンネリ化する場合
⑥ イヤホン出力で知らない曲を聴く
  → アイデアのフックが欲しい場合
⑦ 得意な楽器以外で作曲してみる
  → 意外性のあるメロディを作りたい

順番に解説していきますね。

① アレンジを詰め作曲を進める

この方法は、メロディが浮かばない方にはとても有効な方法です。

コード進行を含め周りをかためていくと、フレーズやアレンジのアイデアが紐づいて発想が生まれやすいです。

ポイントとしては、なるべく質を詰めてアレンジを固めていくこと。

伴奏がフックになり、自然と発想やアイデアが引き出されやすくなるので、特にメロディが浮かばない方にはこの方法はオススメです。

ですが、こんな心配をする方もいると思います。

アレンジだけ詰めたら、付けられるメロディが限定されるのでは?

確かにそうですが、むしろ限定される方がメロディの発想につながりやすいです。

作曲に限った話ではありませんが、選択肢はある程度せまくした方が人は結果的に良い判断ができることが、心理学の研究でわかっています。

アレンジを詰め、付けられるメロディをある程度限定することによって、アイデアに紐付きやすくする、という流れです。

筆者は今までこの方法でかなり助けられてきましたので、是非試してみて下さい。

② 参考音源からアイデアを収集

「作りたいジャンルだけ決まっていて、その他はアレンジやメロディなど何も思い浮かばない・・。」

そんな時は、こちらの方法が有効です。

具体的には、参考音源から以下の要素のみ参照するという方法です。

・リズムパターン
・バッキングパターン

順番に解説していきます。

リズムパターンを参考音源から真似する

リズムパターンは、曲のジャンルを決定付ける大切な要素の中の1つです。

世に出ている曲のリズムは、恒例の既存パターンを基軸にして作られているケースがほとんどです。

リズムパターンを真似するということは、俗にいうパクリには該当しないということは周知の通りです。

ですが、以下は注意しておきましょう。

アーティスト固有の特徴的なリズムパターンを引用することは、避けた方が良いです。

ジャンル恒例のリズムパターンであれば問題ありませんが、オリジナルな要素は原曲のイメージと直結してしまうからです。

その点を注意して、ジャンルの基軸となるリズムパターンを取り入れ、自分なりのテイストを加えていきましょう。

慣れるまでは、恒例パターンを打ち込む所から始めてみると良いですよ。

バッキングパターンを参考音源から真似をする

参考音源の以下の要素に注目します。

音楽には、必ずそのジャンルを決定付けるバッキングパターンのトラックが、最低1トラックはあるハズです。

例えば、ジャンル別に以下のような感じです。

・ハードロック
 → ギターのリフ
・フラメンコ
 → ガットギターの手弾き
・フュージョン
 → ベースのすラッピング奏法

参考音源から音楽のジャンルを紐付けるトラックを見つけ、ニュアンスをくみ取りオリジナルを制作しましょう。

ポイントは、参考音源のキモとなるトラックのみを参考にすることです。

音源を参考にすると、影響を受過ぎてしまう体質の方は、以下の方法をオススメします。

そのトラックを一部聴き取って、MIDIデータにしておく

全て聞き取る必要はありませんし、キモとなる一部だけでも十分解析の糸口になります。

手間に感じるかもしれませんが、自分の手を動かし、定番フレーズのニュアンスを吸収することで、永遠の資産を積み上げていくことができます。

参考耳コピの経験がないという方は、こちらの記事をどうぞ。ギターの耳コピの記事ですが、参考になると思います。

③ リズムと音程を切り離して作曲

メロディがどうしても既存曲と似てしまう、そんなことありませんか?

そんな時は、リズムと音程を切り離して考えるやり方が有効です。

無意識にメロディとリズムは紐づいてしまうので、それを意識的に切り離して作りましょう、というワケです。

具体的なやり方は、以下になります。

メロディの作り方の説明

このようにリズムを先に作ってから、音程の割り当てを色々試してみる、という感じですね。

ポイントは、音程を考えずに気持ちの良いリズムだけをイメージすることです。

まずは音程抜きでリズムだけ意識的に作り出してみて下さい。

あとは音程を何通りか考え、良いと思ったモノを採用にすればオッケイです。

④ 音楽配信アプリで試聴しまくる

とにかく頭の中に何にも浮かんでこない、という方にはこの方法がオススメです。

「試聴しまくる」という所がポイントです。

理由は以下の通りです。

好きな曲を聴く
 → 思考に偏りが出てきてしまう
無作為に聴きまくる
 → 自分にはないアイデアが生まれるキッカケになる

好きな音楽を聞いてしまうと、あまりアイデアが生まれるキッカケは出来にくいです。

理由は、好きな音楽からは既にアイデアを吸収できているケースが多いからです。

選り好みをせずに、あまり知らない音楽にふれた方がアイデアは生まれやすいですよ。

以下のアプリ、オススメです。

Spotify

無料ですし、ランダムで世界で聴かれている音楽をエンドレスで流してくれます。

無作為に聴いていると、自分が無意識にパクってしまうなんてことも起こりにくいですし、かなりこの方法はオススメです。

筆者がイチバン使っている方法でもあるので、是非お試しください。

⑤ 既存曲のコード進行を分析する

曲調や雰囲気がマンネリ化してしまうのは、自分が使うコード進行のバリエーションがパターン化していることが多いです。

そんな時は、以下の方法が有効です。

気になるコード進行を分析

「曲を作りたいのに、分析って・・。時間ないです。」
ひょっとしたら、そう思う方もいるかもしれません。

徹底的に分析しまくるのではなく、既存曲の中から気になる部分だけ分析すれば大丈夫です。

具体的には以下の流れです。

① YouTubeで気になる3曲発見
② 曲A:イントロのリフのコード進行を4小節分析
③ 曲B:サビのコード進行を4小節分析
④ 曲C:Cメロのコード進行を8小節分析
⑤ 曲制作再開!

ポイントは作曲者の異なる複数曲で行い、コードの機能性を意識することです。

それぞれ作曲者が異なる曲の方が、コード進行のクセも違ってくるので、偏った思考がほぐれやすくなります。

コードの機能性は、どの機能のコードなのか、どのコードの代理コードなのかを把握する程度で十分です。

この作業の目的は、マンネリ化の原因の偏った思考をほぐす事なので、あくまでも軽く分析するという点がポイントです。

⑥ イヤホン出力で曲を聴く

イヤホンを耳に付けずに、床に置いて音量大きめで知らない音楽を聴く方法で、ヘッドホンでも代用は可能です。

イヤホンやヘッドホンを装着せずに聴くと、当たり前ですがバッサリ音が削られますよね。

この状態で知らない曲を聴くと、アイデアが浮かぶフックになったりします。

難点はメロディー等の対策には使用できないことです。

メロディーや目立つパート以外、例えばバッキングだけが鳴っているコード成分がわからない状態の曲を聴くと、脳が欠落した要素を補完してくれるせいか、アイデアが思いつくキッカケができるんですね。

イヤホンからリズムトラックしか聴こえないタイミングで、自然と曲のアイデアが浮かんだ、なんてことも筆者は多々ありました。

筆者はこの方法を使う場合は、心配なのでアイデアをメモしてから原曲をしっかりと聴いて無意識に引用していないかを、念入りにチェックするようにしています。

頭のコリがほぐれるような感覚になるので、こちらの方法もおすすめです。

ただし、知らない曲でなければ全く意味がありませんので、注意しましょう。

⑦ 得意な楽器以外で作曲してみる

この方法は、いつも鍵盤楽器で作曲している方には特に効果が大きいです。

自分が得意とする楽器以外で作曲すると、普段の手癖から開放されるので、意外性のあるメロディーやコード進行が思いついたりします。

特に鍵盤楽器は私たちにとって親和性の高い楽器なので、自分のクセがどうしても出やすい傾向があります。

そこで、普段あまり触らない、または未経験の楽器を奏でてみることをオススメします。

えっ、他に楽器持っていないんですけど・・。

そういう方は、スマートフォンアプリでも一定の効果を発揮しますので、ぜひお試し下さい。

他の楽器を引けるようになることが重要ではなくて、あくまで発想が生まれるキッカケをつかむことが今回の目的ですので、あまり固く考える必要はありません。

慢性的に作曲のアイデアが浮かばない時は

無機質な木彫りの人形

アイデアの枯渇が慢性的である場合の対処は、以下です。

① 音楽から一旦はなれる
② 情報収集

それぞれ、解説していきますね。

音楽から一旦はなれる

音楽から一旦はなれてみることは、アイデア枯渇が慢性的に続くのであれば有効です。

理由は、作曲という枠組みの中で視野が狭くなっているからです。

アイデアが浮かばない時は、アイデアに直結する要素が全て音楽になってしまっている状態なんですよね。

作曲のアイデアに直結する要素は、音楽以外にもたくさんあります。

人によってキッカケは異なりますが、筆者の場合は以下でした。

  • 階段を登っているとき
  • 散歩をしているとき
  • 公園で子供たちが遊んでいる風景を見たとき

筆者の場合は、家の外に出てリラックスしている時に、アイデアが思い浮かびやすいという発見をしたワケです。

音楽以外からも、アイデアが思いつくキッカケは人それぞれ必ずあると思いますので、日頃から探ってみると良いですよ。

情報収集

日頃から曲を聴きまくる、この方法が慢性的なアイデア枯渇には一番効きます。

応急処置で音楽を聴くよりも、相当効果ありますよ。

リファレンス対象が多ければ多いほど、特定の曲に似る確率は減るからです。

リファレンス曲が少なければ、どうしても脳内で参照する引き出しの数が限られるので、どうしても特定の曲に似てしまいがちです。

ところが日頃から知らない曲を聴く習慣を付けると、必然的にリファレンス曲は増えていきます。

引用とまではいかないエッセンスの加え方を自然とできるようになるんですよね。

それが出来るようになる理由は、以下です。

曲をたくさん聴いているうちに、パクらないコツを既存曲から学べるからです。

リファレンス数が多ければ多いほどコツの精度は増すので、普段から曲を聴きながら既存曲同士を比べて脳内で分析する。

これを併せて行えば確実に慢性的なアイデア枯渇からは脱することができると断言します。

アイデアが偏るのは既存曲の影響

作曲のアイデアが思い浮かばなくなるのは、既存曲が脳裏に焼きついている影響である事が多いです。

アイデアが思いつく
→ 既存曲と似ていることに気付く
→ 自信をなくす
→ 作曲に対して消極的になる

と、こんな感じでしょうか。

しかしながら、筆者は以下のように感じます。

これは自分が音楽に対し、真面目に向き合っている証拠です。

それでは真面目でなければ良いのかというと、そうではありません。

以下の問題がでてきてしまいます。

悩まないクセを付けてしまうと、無意識なパクリにつながりやすい。

筆者もこのようなことは、いまだにあります。

曲をスラスラ作れてしまうときは、むしろ自分を疑うくらいが丁度良いです。

アイデア枯渇問題は、対策次第で乗り越えられる壁ですので、諦めずにいきましょう。

今回ご紹介してきた方法を活用しながら、苦難を乗り越えると、必ず自分ならではのやり方が生まれるハズです。

筆者の周りのクリエイターに話を聞くと、皆さんそれぞれ同じようなことを経験しています。

今回紹介したやり方以外に、以下の解消法を使っているそうです。

① 既存曲を聴きまくる
② 他の仕事をする
③ 外の空気を吸う
④ 仕事をしない

一旦、リラックスと言ったとことでしょうか。

この悩みは皆さん持っておられるようですので、何とか乗り越えていきましょう。

作曲のアイデアは不断の情報収集から生まれる

濃い茶色のピアノの鍵盤

音楽に関する情報収集を普段から行っておくことは、「アイデア枯渇問題」に対し、強い武器になります。

この方法ばかりは、曲作りをするタイミングでとれる対策ではありません。

普段から曲を聴いて分析をしたり、コードワークを積み上げることは、アイデアの引き出しを増やすことにつながっていきます。

分析が面倒、時間がないという方は、ネットでミュージックビデオを見るだけでも情報収集をする事ができますよ。